ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

小沼健太(BCリーグ武蔵)、スカウト注目

2018年09月25日

9/25、サンケイスポーツ終面より

小沼 健太 (武蔵ヒートベアーズ・投手)
188cm・右投右打・動画

日本野球機構(NPB)のドラフト会議は、10月25日に迫ってきた。野球の独立リーグ、ルートイン・ベースボール・チャレンジ・リーグ(BCL)は選抜チームを結成し、NPB球団のファームと交流試合を行っている。

武蔵ヒートベアーズで今季、先発として経験を重ねた小沼健太投手(動画)は188センチの長身右腕で、最速146キロの直球を投げ込む。NPB球団のスカウトも注目し始めた。

小沼がマウンドに立つと、188センチの長身が、ひと際大きく見える。投げ下ろす直球は最速146キロ。スライダー、フォークボールが武器だ。2年目の今季は先発としてシーズンを過ごし、27試合に登板。勝ち星こそ3勝にとどまったが。その潜在能力にNPBのスカウトも注目している。

「1年目の去年に比べ、球威が増して、球が強くなったという感覚があります。去年までは143キロだった球速も、今年は西武との練習試合で146キロを出しました。その分、空振りやファウルを取れるようになっています」

高卒2年目。千葉・東総工高ではエースも、3年夏(2016年)の千葉大会は4回戦で敗退した。将来の進路を考えた時、独立リーグに進む選択をした。

「BCLでは1年でNPBに行けるチャンスがあります。指導者もNPB出身でレベルが高く、大学に行くよりも自分の実力を伸ばせると思いました」

武蔵には今季、コーチ兼任投手として片山博視が入団。小沼も投球フォームの指導を受けた。一方で肉体強化の成果も出て、体重が12キロ増え、球速、球威が増した。

「今季はスライダーが速く鋭く曲がるようになりました。フォークも試合で使えるようになり、投球の幅が広がりました」



小沼君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 14:07│ │独立リーグ 
ドラフトニュース検索