ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

2018ドラフト展望、今年は外野手が狙い目

2018年09月27日

9/27、夕刊フジ23面より
10月25日のドラフト会議まで1ヵ月。今月25日にはドラフト候補の法大・中山翔太内野手(動画)向山基生外野手(動画)がプロ志望届を提出し、日本大学野球連盟の公式ホームページで公示された。

法大の主砲を任される中山は昨冬時点で進路をプロ一本に絞っており、関係者には「今年指名されなければ野球を諦める」とまで話すなど強い決意で臨んでいる。向山は三拍子そろった好選手。ともにスカウトから高い評価を受けるドラフト上位候補。

「今年のドラフトでは大学、社会人の外野手にいい打者が多い。2位までに指名する球団は多いだろう」。そう話すのはパ・リーグ球団のベテランスカウト。

今ドラフトでナンバー1外野手とされるのは大阪桐蔭・藤原恭大(動画)。高校生の外野手としてドラフト1位で指名されたのは、ここ10年ではオリックス・後藤駿太(2010年・前橋商)、ヤクルト・川上竜平(11年・光星学院)、広島・高橋大樹(12年・龍谷大平安)、楽天・オコエ瑠偉(15年・関東一)の4人。

いずれもクジを外した結果の外れ1位だが「過去の例をみても外野手のドラ1は相当にハードルが高いが、今年は外野手のレギュラーが高齢化して過渡期に入っているチームが多く、藤原はチームの顔になる逸材。競合まであり得る」とは前出のスカウト。

巨人、阪神、ロッテ、ヤクルトなどが1位候補として検討を重ねている。いずれもレギュラーが30代半ばを超える選手が多く、世代交代に備える必要のあるチームだ。

藤原に続くのが立命館大・辰己涼介(動画)大阪ガス・近本光司(動画)の2選手。「走攻守そろったこの2人も1位候補の12人に入ってくる。1年目からレギュラー争いに入れる可能性が高い」と同スカウトはみている。

さらに法大・中山翔太(動画)向山基生(動画)明大・逢沢崚介(動画)日大・長沢吉貴(動画)立正大・小郷裕哉(動画)東京ガス・笹川晃平(動画)の各選手が2、3位までの上位候補として名前が挙がっている。



2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら


draftkaigi at 07:06│ │ドラフト展望 
ドラフトニュース検索