ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

小園海斗の評価下降で根尾昂がドラフト1番人気か?

2018年10月02日

10/2、中日スポーツ1面より

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画


根尾大争奪戦の様相だ。中日が今秋のドラフトで1位指名する方針の大阪桐蔭・根尾昂内野手(動画)が1日、福井国体の特別競技として福井市の福井県営球場で行われた高校野球硬式の1回戦に出場。下関国際戦の2回に高校通算32号の決勝2ランを放てば、先発でも5イニング3安打無失点で勝ち投手となった。

そんな二刀流の可能性も秘める逸材に、最低でも中日含め5球団のドラ1最有力候補に浮上。“根尾狂騒曲”はさらに加速しそうな雲行きだ。

この日、根尾のプレーを視察に訪れた球団は台風24号の影響でJR北陸線のダイヤが乱れたことがあり、中日と阪神の2球団。しかし、他球団が手をこまねいているわけではない。中日・中田宗男アマスカウトディレクター(SD)は他球団の動向をこう予測した。

「走攻守トータルで見てみると、一番いいのはやっぱり根尾。競合するのは間違いないと思っていたが、もしかしたらドラフトの時は1番人気になるかもしれないね」。中日は根尾が岐阜出身の背景もあり、早々とドラフト1位指名する方針を確認。ただ、もはや競合はおろか大争奪戦は避けられない状況だ。

青木、雄平、坂口らレギュラーが高齢化するヤクルト、さらに清宮との二枚看板を想定する日本ハム広島は遊撃手・田中の後継者として根尾の指名に含みを持たせ、阪神も同じ大阪桐蔭の藤原より根尾を最上位の指名候補のリストに入れた。現段階でも最低5球団でここにきて、さらに争奪戦が激化の様相だ。

根尾と同じ遊撃を守る報徳学園の小園海斗遊撃手が、9月のU18アジア選手権大会で精彩を欠き、評価が下降。根尾に方針転換する球団が複数出てきそうな雲行きだ。しかも、もう一人の甲子園の目玉・金足農の吉田輝星投手がプロ志望届を提出しない場合は、根尾にシフトする球団がさらに増えていく可能性すらある。

「根尾は甲子園で活躍したので、世間に名前を知られている。まだ迷っている球団はあるだろうけど、迷った場合に知名度の高い選手にいくということはようあるよ」(中日。中田SD)

もちろん、中日は初志貫徹の姿勢に変わりはない。この日も中田SDと中原スカウトが、根尾のプレーを細部までチェック。中田SDが「スイングが柔らかいし、リーダーシップもある、中日に入れば、いい化学反応を起こしてくれるはずだ」とぞっこんだ。25日のドラフト当日まであと約3週間。根尾獲得に向けた駆け引きは、まだまだ続く。

(10月1日 福井国体1回戦 大阪桐蔭 2-0 下関国際)



根尾君のスカウト評はこちら

根尾君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 10:03│ │中日 
ドラフトニュース検索