ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

2018ドラフト展望(スポーツニッポンの見解)

2018年10月11日

10/11、スポーツニッポン5面「記者の目」より
金足農・吉田輝星投手(動画)がプロ志望届を提出したことで12球団のドラフト戦略はどうなるのか。本紙記者は一本釣りできる可能性もあると見る。

吉田のプロ志望が決定的となったのは今月初旬。その時点での取材では、大阪桐蔭・根尾(動画)の1位指名を検討しているとみられる球団は、公言した中日をはじめ6球団に上った。

東洋大の上茶谷(動画)梅津(動画)甲斐野(動画)日体大の松本(動画)ら、大学生のドラフト1位候補がリーグ戦序盤に軒並み結果が上がらなかったことに加え、社会人も実力派はそろうが、「いの一番」で指名されそうな投手は不在だからだ。

即戦力級投手の補強を考えていた球団は、大学・社会人投手が失速してきたことを踏まえ、もう一つの補強ポイントを考えた。「2、3年後に遊撃手のレギュラーを担える選手」。つまり、根尾だ。「そういう選手が出た時はクジ引きになっても行くべき」という考えで人気が集まった。

根尾以外で競合しそうなのは現時点では大阪桐蔭・藤原(動画)だけだ。吉田は全球団が1位候補として高評価しているが、補強ポイントと合致しない球団もある。根尾人気を考えると、吉田や守備力は即戦力級との評価を受けている報徳学園・小園(動画)、さらに大学生投手は一本釣りできる可能性がある。

現時点で1位を公表しているのは中日だけ。ここからドラフト当日まで例年以上に水面下の駆け引きと情報戦が行われそうだ。



2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら



draftkaigi at 10:02│ │ドラフト展望 
ドラフトニュース検索