ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

泉圭輔(金沢星稜大)、全12球団から調査書届く

2018年10月19日

10/19、中日スポーツ10面「ドラフトを待つ」より

泉 圭輔 (金沢星稜大・投手)
187cm・右投右打・動画

秋の金沢で、長身右腕が胸を躍らせている。金沢星稜大の右腕・泉圭輔投手(動画)は187センチの長身が特徴。全国大会の出場は小学生の時だけという無名の存在ながらプロは素材を高評価し、セ、パ全12球団から調査書が送られた

運命の日が近づき「少し緊張してきました。でも、ワクワク感というか、期待するところもあります」と胸の内を明かす。チームは、15日の福井工大戦で北陸大学リーグ戦が終了。自身も同カードの1回戦で秋の登板を終えた。今は「プロにチャレンジする機会ができるなら、ぜひ挑戦してみたい」とドラフトに目を向けている。

長身に加え、長い手足を生かした角度のある直球が武器。肩甲骨周辺の柔軟性を生かし、腕をムチのようにしならせる投球フォームは米大リーグ・メッツの右腕、ノア・シンダーガードのフォームを参考に自ら考え抜いて磨いた。「体の柔軟性と腕のしなりは自分のアイデンティティーです」。こだわりのフォームを貫き、プロで勝負する気だ。

周囲は、芯の強い性格だと評している。実際、3年秋にプロへ進むことを決断した時も「一度きりの人生。後悔したくない」と自ら考え、社会人などの退路を断った。今、思い浮かべるのはプロで活躍している姿。「10年、20年と活躍するためにはどうすればいいかを考えいます」と語る。

大学を運営する稲置学園が設置する星稜高は小松辰雄や松井秀喜ら多くの名選手を輩出してきたが、金沢星稜大からプロ入りした選手はいない。「僕がプロに行くことで、後輩たちに夢を持ってもらいたいですね」。新たな歴史が始まる瞬間は間もなくだ。



泉君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 09:38│ │大学 
ドラフトニュース検索