ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

西武、吉田輝星(金足農)一本釣りのウワサ

2018年10月20日

10/20、日刊ゲンダイ42面より

吉田 輝星 (金足農高・投手)
176cm・右投右打・動画

1週間後のドラフトでぶっ千切りの1番人気になりそうな大阪桐蔭・根尾昂(動画)に比べ「ひょっとしたら入札はゼロ、外れ1位かもしれない」という声すら出始めたのが金足農・吉田輝星(動画)だ。

10日にプロ入りを表明したものの、かつて「好きな球団」と秋波を送られた巨人だけでなく、地元の楽天も根尾を指名しそうな気配。甲子園準優勝右腕という実績、実力もさることながら、人気、知名度ともに抜けた存在なのに、意外にも“人気薄”なのだ。

金足農には11球団から調査書が届いているという。ほぼ全球団が吉田に興味を持っているにもかかわらず、1位指名を公言する球団がないのはなぜか。本当に外れ1位候補なのか。「クサいのは西武さ」と、セ・リーグのあるスカウトがこう言った。

「12球団で唯一、西武だけが調査書を出していないというんだな。あの松坂を取ったときも調査書を出さなかったそうだし、調査書を出さないからといって、指名できないということはない。逆に調査書を出さないことによって、他球団に『西武は吉田に興味がない、あくまでも大学生や社会人の即戦力投手が欲しい』と思ってもらいたいんじゃないか。

それに西武は改めて調査書を出す必要がないくらい、担当スカウトが金足農に食い込んでいる。当初、進学予定だった八戸学院大とは秋山を獲得するなどして太いパイプがあるし、担当スカウトはかなり早い時期から他球団に『吉田はいい投手ですが、進学ですよ』と吹聴してた。夏の甲子園で全国区の選手になったけど、それ以前は西武が囲っているんじゃないかともっぱらだったからね」


今年のパ・リーグを制したとはいえ、チーム防御率4.24はリーグワースト。ドラフトも大学生や社会人などの即戦力投手狙いであることをにおわせている。しかし、そもそも西武はドラフト1位で高校生投手を指名する傾向がある。近年では14年の高橋光成(前橋育英)、16年の今井達也(作新学院)と、それぞれ夏の甲子園優勝投手を単独1位で獲得した。

根尾を1位指名する球団が続出、それ以外の球団は「即戦力」といわれる大学生投手を指名しそうなドラフト戦線の雲行きを、西武はしめしめとニンマリしながら見守っているのではないか・・・。



吉田君のスカウト評はこちら

吉田君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02│ │西武 
ドラフトニュース検索