ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

根尾昂(大阪桐蔭)、ドラ1候補を大解剖!

2018年10月20日

10/19、夕刊フジ25面「1位候補大解剖」より

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画

今年のドラフトで主役中の主役といえば、甲子園で史上初の2度目の春夏連覇を達成した、大阪桐蔭の根尾昂内野手(動画)だろう。投げては最速150キロ、打っても高校通算32本塁打、遊撃で華麗なグラブさばきをみせたかと思えば、右翼から目の覚めるような“レーザービーム”で走者を刺す。

投・打・走・守をハイレベルにこなす“多刀流”は、岐阜県高山市出身。父・浩さんと母・実喜子さんは、ともに地元で別々の診療所に勤める医師で、過疎化の進む地域で地元の医療を支えている。姉は富山大医学部看護科出身の看護師。兄は岐阜大医学部で学んでいる。「尊敬する人は両親」と話す根尾にとって、医学の道はごく身近にある。

中学3年まで成績はオール5の超優等生。慶応高に進学し、同大学の医学部に進む道を真剣に考えていたが、地元まで勧誘に訪れた大阪桐蔭の西谷浩一監督が「野球で日本一の選手を目指すか、医者の道を目指すか選んでほしい」と訴え、根尾は「プロ野球選手になりたいです」と応じて、大阪桐蔭で野球に専念する道を選んだ。

中学まで冬場にスキーの回転競技にも取り組み、世界大会への出場経験を持つ。西谷監督は「スキーを中学まで真剣にやってきたことは彼の体幹の強さにつながっている。膝の使い方のうまさは内野を守る上で役立っている」と指摘する。

高い身体能力と聡明さを併せ持つ18歳だが、プロのスカウトが何よりも評価するのは、野球に対する真摯な姿勢だ。

パ・リーグ球団の幹部スカウトは「彼がプロ入りし、1月の新人合同自主トレに参加する姿を想像したとき、新人の先頭に立って練習を引っ張っているのが簡単に思い描ける。練習の意識の高さで他の新人に与えるプラスの影響は大きいだろう。その点だけでも1位で獲りに行く価値がある」とまで言い切る。

貪欲な姿勢は野球に限らない。9月のU-18アジア選手権で、インターネットテレビ局「AbemaTV」から「ウチのことを知っていますか?」と聞かれたが、普段から携帯の所持が禁止されるなどネット環境のない生活を送ってきたために答えられなかった。「物を知らないって思われるのが一番イヤなんですよ・・・」と落ち込んでいたものだ。

野球に打ち込むための寮生活でも、両親から2カ月に1度送られてくる20冊の本と、毎日の新聞精読で旺盛な知識欲を満たしてきた。過去にはいなかったタイプの、新たなプロ野球選手像を描きそうな逸材だ。



根尾君のスカウト評はこちら

根尾君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 07:00│ │高校 
ドラフトニュース検索