ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

石川昂弥(東邦)、中日「来年の目玉になる」

2018年10月22日

10/22、中日スポーツ8面より

石川 昂弥 (東邦高・三塁手兼投手)
185cm・右投右打・動画

左へ、右へ、東邦・石川(動画)のバットが火を噴いた。満塁本塁打を含む4安打5打点の活躍で東邦が準決勝進出。2年連続となるセンバツへ、事実上の王手をかけた。新チームから主将も務める長距離砲は「もう1試合勝たないといけない。集中して臨みたい」と浮かれることなく、準決勝の中京学院大中京戦に視線を向けた。

県大会は投手としても引っ張り、自身初の背番号1で臨んだ今大会。本職の三塁手で出場し、打撃に集中したこの日は水を得た魚のように打ちまくった。1回はスライダーを中前に軽打。3回は直球をはじき返し、左中間を破る適時二塁打。

そして、4回は1死満塁から岐阜第一の最速142キロ右腕、高倉のカーブを右中間席に運んだ。「打った瞬間に手応えはあったので、入ったと思った。どんな球が来ても、打てる状態だった」

高校通算35本塁打に伸ばしたが、実は満身創痍。夏に左太ももを痛め、かばいながらプレーするうちに痛みは右すねにまで及んだ。「歩くのも痛い」と打ち明けるものの主砲、主将で今大会は主戦まで務める大黒柱が休むわけにはいかない。この日も痛み止めの薬を服用して出場。バットで、背中でチームを引っ張った。

視察した中日・中田スカウトディレクターは「打撃の技術はあるし、足も肩もある。文句なし。来年の目玉になる」と絶賛。センバツ出場を当確とすれば、注目度はさらに増す。

(10月21日 東海大会準々決勝 東邦 7-0 岐阜第一)



石川君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 10:46│ │中日 
ドラフトニュース検索