ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

ソフトB・工藤監督、ドラ1に関して気になる発言

2018年10月23日

10/23、サンケイスポーツ4面より

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画

ソフトバンク・工藤公康監督は22日、羽田空港から福岡に戻った。CSファイナルステージで西武を撃破したばかり。27日からの日本シリーズに気持ちを切り替えたが、25日のドラフト会議にも日帰りで参戦することが決まった。1位が競合した場合にくじを引く指揮官の好みは? あの人気者にラブコールだ。

大仕事を終え、すぐに大仕事が待つ。日本シリーズについて「ちょっと考えた」と明かした工藤監督は疲れを封印した。その前にも大一番。ドラフト会議を控え、未来のスター候補について楽しそうに語った。「根尾君かな。いい顔してるよね。勝負師というか、やってやるという感じが伝わってくる。ああいう選手は好きです」。

気になる選手を問われ、真っ先に大阪桐蔭高・根尾昂内野手(動画)の名前を口にした。能力は問答無用。報徳学園・小園海斗内野手も含めて「遊撃手は二塁や三塁、外野もできる」と注目したが、何よりほれたのは面構え。チームを引っ張るような闘志こそ“好みのタイプ”だ。

その根尾に、球団も最高の評価を与えている。幹部は「ショートを守って、投手でも活躍してきた選手は魅力」と抜群のセンスに熱視線。今宮や西武で現役を引退した松井に重ねた。昨年は清宮(日本ハム)を入札も、結果的に1位は7年連続で投手。そろそろ将来の主力となる打者、特に内野手を獲得したいチーム事情にも合致する。

ネックなのは一番人気が予想されることだ。「競合なしで即戦力投手を獲れるのなら」という声もあり、ドラフト前日に王球団会長らも加わって最終検討する。ただ、鷹の歴史は競合覚悟でナンバーワンを狙ってきた傾向が強い。

当日に会場入りする指揮官は1位指名後に途中退席して広島に向かうが、金足農・吉田輝星投手(動画)にも触れた。予想外の人気薄に「新聞をみて驚いた。不思議だよね。僕は1位の素材だと思う」と気になる発言。過去3年連続で抽選箱に投入した右手は誰を狙うのか。運命の日は近い。 



根尾君のスカウト評はこちら

根尾君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:05│ │ソフトバンク 
ドラフトニュース検索