ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

太田椋(天理)、「守備では根尾・小園より上」の声

2018年10月23日

10/23、スポーツ報知4面より

太田 椋 (天理高・遊撃手)
181cm・右投右打・動画

天理高の太田椋主将(動画)は1年夏から名門のレギュラーに定着し、昨夏の甲子園は4強入りに貢献した。今年は春夏ともに聖地を踏めなかったが、大阪桐蔭高・根尾昂や報徳学園高・小園海斗のドラフト1位候補とともに「遊撃手ビッグ3」としてプロの注目を集めた。

「守備に自信がある。派手なプレーより、取れるアウトを取る」と自身の長所を分析する。その2人と比較して「一番守備がうまくて堅実」と、評価したスカウトもいた。

父は元近鉄内野手で現在はオリックス打撃投手の暁氏。愛媛・帝京五高から1988年ドラフト6位で入団した父に続いて父子で指名されれば、16組目(18度目)になる。父の現役時代の映像は見たことがないという太田は「同じチームになったら、なったですね」と、特別な意識はない。

暁氏も「恥ずかしさもあるので(笑い)。今いる選手たちと競争することになりますし、僕からは何とも・・・」と、複雑な心境を明かした。一方で「(プロに)行けるのであれば行かせてあげたい。小さい頃からの夢だったので」と親心をのぞかせた。小、中学生時代はキャッチボールをしたり、テレビ中継を見ながらプレーの基本を教えたという。

高校通算31本塁打、50メートル走6秒2という走攻守の三拍子がそろった逸材。高校では“普通コース”に在籍して学業も優秀だ。得意科目は数学。「(根尾や小園に)負けていられないというのはある」。父が果たせなかったプロ初安打を記録するだけではなく、世代No.1の遊撃手を目指す。



太田君のスカウト評はこちら

太田君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 09:37│ │高校 
ドラフトニュース検索