ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

巨人、ドラフト2位で狙う近本光司(大阪ガス)

2018年10月24日

10/24、日刊ゲンダイ31面より

近本 光司 (大阪ガス・外野手)
170cm・左投左打・動画

巨人が25日のドラフト上位で指名する選手が判明した。1位は大阪桐蔭の根尾昂が最有力。そして、2位候補に浮上したのが、左投げ左打ちの外野手、大阪ガスの近本光司(動画)だ。

今夏の都市対抗野球で21打数11安打、1本塁打、5打点で打率.524をマーク。首位打者とMVPにあたる橋戸賞を獲得し、チームの初優勝に貢献した。平凡なゴロを内野安打にしてしまう50メートル5秒8の俊足が武器。身長170センチと小柄ながら、本塁打を打つパンチ力も併せ持つ。

兵庫県の淡路島出身。社高では投手兼外野手で、関学大に進み外野手に専念した。2年秋からリーグ戦に出場。肩や肘の故障で、目立った活躍はできなかったものの、大阪ガスへ入社すると、俊足巧打でプロのスカウトに注目される存在になった。

「足が速い。タイプとしては、巨人の重信の打撃を良くした感じ。順位は3位前後でしょう」と、パのスカウトは言うが、巨人は1位級の評価。大活躍した都市対抗後に上位候補に急浮上した。

今季の外野陣は、長野、亀井、陽岱鋼、ゲレーロ、重信らが出場したものの、高齢化に加え、不動のレギュラーと呼べる存在は皆無。FA市場では広島・丸の動向を注視しており、外野手が補強ポイントとなっている。関係者の話を総合すると、2位指名が濃厚だ。

巨人はさらに、立命大の外野手、辰己涼介(動画)を外れ1位候補にリストアップ。昨22日、リーグ戦の最終戦で2安打を放ち、打率.375で自身初の首位打者のタイトルを獲得した左打ちの好打者だ。リーグ通算122安打とし、歴代1位の田口(関学大=オリックス)の123本にあと1本届かなかったものの、歴代単独2位の成績を残した。

「巨人は岡崎前スカウト部長が熱心で、よく立命大のグラウンドに来ていた。一時は密着マークのような状態で、巨人はよっぽど外野手が欲しいんだと他球団は噂していました」(前出のスカウト)。もし残っていれば、外れ1位で指名する可能性がある。



近本君のスカウト評はこちら

近本君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:04│ │巨人 
ドラフトニュース検索