ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

ヤクルト、根尾昂(大阪桐蔭)1位指名を公表

2018年10月24日

10/24、サンケイスポーツ3面より

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画

ヤクルト・小川淳司監督は23日、25日に開かれるドラフト会議で大阪桐蔭高・根尾昂内野手(動画)を1位指名すると公言した。同日に東京・北青山の球団事務所で衣笠球団社長を含めたスカウト会議を開き、最終決定を下した。競合し抽選となった場合は、指揮官自らがくじを引くことも決まった。

約2時間のスカウト会議を終え、小川監督は報道陣が質問する前に口を開いた。25日のドラフト会議で1位指名する選手を堂々と発表した。「根尾選手を1位で指名することを決定いたしました」

前日22日までに候補リスト77人の順位付けを行い大阪桐蔭高・根尾を1位の指名候補として一本化。3日連続となる同会議を開いたこの日、初めて参加した小川監督と衣笠球団社長を含めた場で最終決定を下し、公表するに至った。「やっぱり1番いい選手ということ。それだけです」と指揮官は言い切った。

その上で根尾については「本当に能力の高い選手だと思う。将来的にヤクルトの中心選手になるのは間違いないと思いますし、プロ野球を(代表する選手)という印象がある」と評価した。

大阪桐蔭高では内外野だけでなく、投手としても高い能力を示したが「球団としては野手として、とスカウトから報告が来ている。とにかく野手一本で。本人もそういう意向だという報告を受けている」と小川監督。将来の内野の要として、期待を寄せた。

すでに中日が1位指名を公言。阪神、ソフトバンクなど最大7球団が競合する可能性もある。指揮官はくじを引くことも正式に決まった。ヤクルトは2009年秋-15年同、17年同と8回連続でくじに敗れているが、小川監督は外れ1位で山田哲(11年入団)、杉浦(13年同)、村上(18年同)を獲得している。高校ナンバーワン野手を今度こそ、自らが引き当てる。



根尾君のスカウト評はこちら

根尾君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:00│ │ヤクルト 
ドラフトニュース検索