ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

ソフトB、ドラフトで小園外して浅村獲りに必死

2018年11月03日

11/3、日刊ゲンダイ40面より

2008西武ドラフト3位 浅村栄斗
大阪桐蔭高・内野手

「3年15億円」、「4年20億円」・・・。華々しい金額がスポーツ紙を飾った。今オフ、FA宣言が濃厚といわれている西武の二塁手・浅村栄斗(2008西武3位)。今季は32本塁打、127打点、打率.310の数字を残し、本塁打と打点はキャリアハイだった。

西武は当然、慰留に必死。すでに残留交渉を行った渡辺SDは「すごい条件」「最大の評価」と、年俸2億1000万円からの大幅増を提示したことを示唆した。それを各スポーツ紙が推察したものが、冒頭の数字だ。

もし、浅村がFA宣言するようなら、争奪戦は避けられない。中でも興味を示しているのが、二塁手が手薄なソフトバンクだ。昨季から誰もレギュラーに定着できず、日本シリーズでは川島慶三と明石健志が守っているが、何しろトシがトシ。浅村は是が非でも欲しい選手だ。

仮にドラフトで遊撃手の小園海斗(報徳学園、広島1位)の交渉権を得ていたら、浅村に触手を伸ばすかどうか。小園については、広島の緒方監督が来春一軍キャンプ帯同を示唆しているように、現場からの評価も高い。ソフトバンクなら今宮健太の後釜にうってつけだ。ゆくゆくは今宮を二塁にコンバートして、2人で二遊間を守ることもできた。

しかし、小園を取れなかったことで事情は変わった。

「ソフトバンクで最も二塁の定位置に近いといわれているのが、牧原大成です。育成出身ながら今季は59試合で打率.317。得点圏打率も同じ数字と、勝負強さを発揮している伸び盛り。遊撃では高卒3年目の川瀬晃が将来性を買われている。ただ、二遊間がこの2人だけでは心もとない。チームを盤石にするためには浅村が必要なのです」(球団OB)

小園のクジを外した以上、補強は待ったなし。浅村がFA宣言すれば、西武を上回る札束を積み上げるに違いない。



下は2008ドラフトで西武が指名した選手です。浅村栄斗は3位指名され入団。プロでの成績はこちら

西武の2008ドラフト指名選手
1位 中崎 雄太 日南学園高 投手
2位 野上 亮磨 日産自動車 投手
3位 浅村 栄斗 大阪桐蔭高 内野手
4位 坂田 遼 函館大 外野手
5位 岳野 竜也 福岡大 捕手
6位 宮田 和希 甲賀専門学校 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:06│ │ソフトバンク | FA
ドラフトニュース検索