ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

巨人、FAの炭谷銀仁朗(西武)争奪戦は大苦戦

2018年11月03日

11/3、日刊ゲンダイ39面より

2005西武(高校)ドラフト1巡目 炭谷銀仁朗
平安高・捕手

3度目の登板となった原辰徳監督は、4年連続V逸の泥沼に沈む巨人再建の活路を補強に求める方針だ。1日、宮崎で始まった秋季キャンプでは、第1クール2日目にして紅白戦をやった。滞在19日間で実戦は計7度(8日の日米野球を含む)というスケジュール。現有戦力と若手のレベルを把握するのが目的だという。

この日は、紅白戦に先発して3回1安打無失点だった左腕・田口の投球を満足そうに見つめていたが、その一方で、日本シリーズ後に交渉が解禁されるFA選手の調査を水面下で続けている。

「FAで広島の丸、西武の炭谷の両取りを狙っている原監督ですが、現時点でまだ権利の行使がはっきりしない丸はともかく、FA宣言が確実な炭谷に関しては、苦戦しそうな気配です。炭谷取りに動いている楽天の石井一久GMが、かなりの好条件を用意して口説くそうですからね。

石井GMと炭谷は西武時代の同僚。炭谷が高卒3年目を迎えた2008年からバッテリーを組み、投げながら配球を教え込んだのが石井GMです。楽天は炭谷に、100試合以上のスタメン起用を保証するという話も出ていますよ」(パ球団編成担当)


今季、炭谷は高卒5年目捕手の森が一本立ちしたことで、出場機会が激減。先発マスクは42試合にとどまった。楽天は、出場機会を求めてFA宣言するといわれる炭谷に最大限の誠意を見せようというわけである。

そこへいくと、巨人では恐らく先発マスクまでは約束されない。原監督は現在の正捕手、小林誠司をそれほど高く評価していない、という声はある。先日も「秋のキャンプの主将? あっていいね。参加最年長は小林? 去年は小林だったの? え~、小林~?」と言っていた。

配球面や今季打率.219の打撃面に大きな不満を持っているようなのだが、小林は絶対的エースの菅野が全幅の信頼を置く人間である。ここ3年間、扇の要を守ってきたチーム内での実績をチャラにするというわけにもいかず、炭谷を獲得したとしても小林との併用が現実的な線だろう。

すでに西武は残留交渉を始めている。条件提示も済ませた渡辺久信SDは「必要な選手。最大の評価をさせてもらった」と話したが、巨人の口説き文句も最後はカネか。



下は2005高校ドラフトで西武が指名した選手です。1位指名・炭谷君のプロ入り後の成績はこちら

西武の2005高校ドラフト指名選手
1巡目炭谷 銀仁朗平安高捕手
2巡目指名権なし
3巡目田沢 由哉旭川大高投手
4巡目田中 靖洋加賀高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:07│ │巨人 | FA
ドラフトニュース検索