ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

立野和明(東海理化)、中日「1位候補に入ってくる」

2018年11月03日

11/3、中日スポーツ8面より

立野 和明 (東海理化・投手)
180cm・右投右打・動画

1959年創部の東海理化に、全国大会初勝利をもたらした。東海理化・立野和明(動画)が延長12回、タイブレークまでもつれた熱戦を4安打1失点で完投。試合終了の瞬間は右腕を大きく突き上げた。中日・田島の後輩にあたる高卒2年目の来年ドラフト候補は「これは通過点。日本一を目指しているので」と平然と言ってのけた。

歴史を刻む初勝利にふさわしい激闘、そして快投だった。立ち上がりから飛ばし、1回の先頭打者への2球目に自己最速を1キロ更新する150キロをマーク。「全国大会で150キロを出したかった。そこから、野球に集中という感じだった」。その言葉通り、ストレートとスプリット、カットボールを駆使して、6回まで1人の走者も許さない完全投球を披露した。

7回の先頭打者に初安打を許し、1点リードの9回は2死走者なし、2ストライクと追い込んでから内野安打と、中前打を中堅手が後逸(記録は三塁打)する間に同点とされた。だが「9回では終わらないと思っていた」と崩れることなく、再びギアを上げて、12イニング138球を投げ切った。

中部大第一高時代から注目を集め、社会人では1年目から公式戦で大事な場面でのリリーフを経験。寮の自室で炊いた3合の白米を練習に持参し、体重を10キロ近く増やしたことで、最速142キロだった直球に磨きがかかった。

中日・中田スカウトディレクターは「肩周りが柔らかく、見るたびに良くなっている。1位候補に入ってくる」と絶賛。全国大会初の先発で、20歳の若きエースが躍動した。

(11月2日 日本選手権1回戦 東海理化 4-1 室蘭シャークス)



立野君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 10:26│ │中日 
ドラフトニュース検索