ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

中日ドラ1・根尾昂が仮契約、「ショート一本で勝負」

2018年11月05日

11/5、サンケイスポーツ3面より

2018中日ドラフト1位 根尾昂
大阪桐蔭高・遊撃手兼投手・動画

中日からドラフト1位指名された大阪桐蔭・根尾昂内野手(動画)が4日、名古屋市内で入団交渉し、契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1500万円で合意し、仮契約を結んだ。

高校時代は投打二刀流で活躍。今年のドラフト指名104選手(育成21人を含む)で契約第1号となったスター候補は「ポジションはショート一本でいかせてくださいとお伝えしました」とさっそく脱二刀流を宣言した。

衝撃の告白だった。テレビカメラ12台、100人の報道陣を前に、根尾が堂々の脱二刀流宣言だ。「ポジションはショート一本でいかせてくださいとお伝えしました。ショートはすべてのプレーに関わるチームの顔というか、一番の花形のポジション。憧れの場所、大事なところだと思う」

高校通算32本塁打と華麗な遊撃守備の一方で、投げても最速150キロ。高校野球ファンだけでなく、プロスカウトも投打で魅了した根尾だが、実は投手については「入学したとき、試合に出たい気持ちが大きかった。投手の方が出させていただく機会があるかなと。でも、内野でいきたいとずっと思っていた」。あくまでも、日本一の強豪校で生き抜く術だったという。

ドラフト会議前に各球団と行った面談でも「ショート一本」の思いを伝えており、すでに与田新監督も了解済みだという。中日は2年目を終えた京田が遊撃のレギュラーとして出場している。2017年の新人王で、今季も全143試合に出場。失策数は1年目の14から6と激減した。まずはこの大きな壁を突破しないといけない。

根尾は「肩に自信はある。1年目は土台作りと経験を積むことも大事ですが・・・負けたくない。開幕スタメンの目標は? それはあります」と力を込めた。

球団からは契約金1億円プラス出来高5000万円で、年俸1500万円と満額の評価。すでに来年2月の春季キャンプの1軍帯同は決定。京田を脅かす存在になるために、ここからは本気の“遊撃一刀流”で挑む。



下は2018ドラフトで中日が指名した選手です。1位・根尾君のスカウト評はこちら

中日の2018ドラフト指名選手
1位 根尾 昂 大阪桐蔭高 内野手
2位梅津 晃大東洋大 投手
3位勝野 昌慶 三菱重工名古屋 投手
4位石橋 康太 関東第一高 捕手
5位垣越 建伸 山梨学院高 投手
6位滝野 要 大阪商大 外野手


draftkaigi at 07:01│ │中日 
ドラフトニュース検索