ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

松井稼頭央(西武引退)、西武の2軍監督に就任

2018年11月05日

11/5、西日本スポーツ2面より

1993西武ドラフト3位 松井和夫
PL学園高・内野手

西武は4日、来季のコーチングスタッフを発表した。今季限りで現役を引退した松井稼頭央氏(1993西武3位)は2軍監督に就任。代名詞の背番号7を77に変更し、指導者としての第一歩を進むことになった。

会見に臨んだ松井氏は「引退してすぐ、こういう大役を任されるとは思っていなかった。身が引き締まる思い。若い選手とともに汗をかいていきたい」と引き締まった表情で意気込みを語った。

球団は日米通算25年で培った実績や人間性を含め、将来の監督候補として高く評価。まずは2軍監督から経験を積ませる。渡辺SDは「いろんな苦労をしてほしいし、どうやってチームをマネジメントするのか見たい」と期待を寄せた。

「育成とはいえ、競争に勝たないと1軍で試合に出られない。しっかりコミュニケーションを取ってやっていく」と松井氏。西武を支えた“レジェンド”は、次代のスターの発掘に全力を注ぐ。



下は1993ドラフト会議で西武が指名した選手です。松井稼頭央(本名・松井和夫)は3位指名され入団。プロでの成績はこちら

西武の1993ドラフト指名選手
1位石井 貴三菱重工横浜投手
2位山田 潤朝日大内野手
3位松井 和夫PL学園高投手
4位尾山 敦住友金属投手
5位白鳥 浩徳住友金属鹿島投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:16│ │戦力外通告 
ドラフトニュース検索