ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

来春センバツ、ドラ1候補は奥川恭伸(星稜)だけ

2018年11月08日

11/8、日刊ゲンダイ27面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

超高校級右腕の出場が消滅した。岩手県高野連は6日、来春のセンバツ甲子園(3月23日開幕)の21世紀枠県推薦校に千厩の選出を決定。来秋ドラフトの目玉でMAX157キロを誇る佐々木朗希を擁す大船渡のセンバツ出場がなくなった。大船渡は秋季岩手大会の3位決定戦で敗退、21世紀枠での甲子園出場に望みをかけていた。

「来年の高校球界には、今から『来秋のドラフト1位は間違いない』と言われる、超高校級投手が4人いる。メジャーも注目している大船渡の佐々木(動画)、今夏甲子園で鮮烈デビューした創志学園の150キロ右腕の西純矢(動画)横浜の152キロ左腕の及川雅貴(動画)星稜の150キロ右腕の奥川恭伸(動画)です。

このうち、佐々木に加えて西の創志学園が秋季中国大会準決勝でコールド負けし、及川の横浜も秋季関東大会準々決勝で敗れ、ともにセンバツ出場が厳しい情勢。BIG4のうち甲子園に出てくるのは、北信越大会を制した星稜の奥川だけという可能性が高い。来春は寂しい甲子園になりそうです」(アマチュア野球担当記者)


ネット裏でアクビするスカウトの姿は見られそうだが・・・。



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:05│ │高校 
ドラフトニュース検索