ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

中日、ドラ3・勝野昌慶(三菱重工名古屋)視察

2018年11月09日

11/9、中日スポーツ3面より

2018中日ドラフト3位 勝野昌慶
三菱重工名古屋・投手・動画

中日からドラフト3位指名を受けた三菱重工名古屋の勝野昌慶投手(動画)が8日、社会人日本選手権の2回戦・JR東日本東北戦に先発。7イニング2/3で9安打を許したが、手元で動く直球を武器に1失点にまとめる粘りの投球。チームも2-1で逃げ切った。

塁上がどれほどにぎわっても本塁だけは踏ませない-。そんな思いがマウンド上からにじみ出ていた。「苦しい投球になりましたけど粘ることはできたと思います」。勝利の余韻はほどほどに勝野は淡々と振り返った。

4四球を与えるなど三者凡退が一度もなく、毎回のように得点圏に走者を背負う苦しい展開。それでも相手に得点を与えなかった理由は、独特な軌道を描く速球にある。打者の手元でカット気味に切れ込むくせ球。これが効いた。バットの芯をことごとく外し、決定打を許さなかった。勝野本人が「野球を始めたときから自然となっていた」という持ち味。投球のほぼ8割は速球だった。

疲れが見えた8回に連打を許したところで降板。7イニング2/3を投げ9安打、4四球ながら1失点だけにまとめた。最速は148キロ。直球は常時140キロを超えていた。ネット裏から見守った米村チーフスカウトは「甘めにいっても打者が差し込まれていた。改めてボールに力があるなと感じた」とうなずいた。

武器と語る速球。力強さが生まれたきっかけは一昨年秋、社会人1年目にU-23W杯。チームで一緒だった大塚晶則投手コーチの助言だった。「腕の位置を上げるべきか悩んでいたんですけど、人それぞれの回転軸がある。斜めでも構わない、と助言を頂いて、その時に初めて150キロを超えました」

その後は大塚コーチの現役時代の動画にクギ付けになり、今では憧れの投手だ。社会人では先発を務めたが本人は仕事場にこだわりはない。「決めて頂いたところで勝利に貢献するだけです」

(11月8日 日本選手権2回戦 三菱重工名古屋 2-1 JR東日本東北)




下は2018ドラフトで中日が指名した選手です。3位指名・勝野君のスカウト評はこちら

中日の2018ドラフト指名選手
1位 根尾 昂 大阪桐蔭高 内野手
2位梅津 晃大東洋大 投手
3位勝野 昌慶 三菱重工名古屋 投手
4位石橋 康太 関東第一高 捕手
5位垣越 建伸 山梨学院高 投手
6位滝野 要 大阪商大 外野手


draftkaigi at 13:59│ │中日 
ドラフトニュース検索