ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

広島ドラ2・島内颯太郎、敗戦投手もスカウト高評価

2018年11月11日

11/11、スポニチwebsiteより (source)

広島ドラフト2位 島内颯太郎
九州共立大・投手・動画

左翼スタンドをぼうぜんと見つめた。両軍無得点で迎えた7回。無死三塁から広島2位指名の九州共立大・島内颯太郎投手(動画)はカウントを取りにいったフォークを伊藤裕に拾われ、決勝の2ランを浴びた。DeNAから2位指名を受けた4番に献上した痛恨の一発。三塁側で沸き上がる歓声を背に浴びながらマウンドを降りた。

「7回、あの1球のためにチームが負けてしまった責任を感じています。チームメートに申し訳ないです。打たれたらいけない場面。ああいう形で本塁打を打たれたことがなかったので受け入れられないというか、ビックリしてしまいました。後悔しています」

その直前の四球も響いた。7回先頭で小郷を迎えた場面だ。楽天から7位指名された3番を前に厳しくコースを突いたが、四球を与えたのは誤算だった。「3、4番にドラフト指名された2人がいたので試合中もどこかで意識してしまっていた」。

許した安打は3本。ただ、いずれも同じくプロへ進む相手に浴び「リベンジする機会はある。これで終わりじゃない」と言葉に力を込めた。序盤は力のある直球で押した。直球は最速150キロを計測。フォーク、スライダー、チェンジアップを要所で配し、6回までスコアボードに0を並べた。

広島の苑田聡彦スカウト統括部長は「球速も出るし、体も強いと聞く。うちには(九州共立大出身の)大瀬良といういい投手がいるので、一緒になってやってくれれば。いい投手を指名できたと思っています」と評価した。

聖地で大学野球に別れを告げ、次なる世界はプロの舞台だ。「真っすぐの質を高め、上の世界で通用する投手になりたい」。大学での4年間で球速は10キロ増し、152キロに到達した。1球の重みと雪辱への思いを胸に刻み、プロの世界へはばたく。

(11月10日 明治神宮大会準々決勝 立正大 2-0 九州共立大)



下は2018ドラフトで広島が指名した選手です。

広島の2018ドラフト指名選手
1位 小園 海斗 報徳学園高 内野手
2位島内 颯太郎 九州共立大 投手
3位林 晃汰 智弁和歌山高 内野手
4位中神 拓都 市岐阜商高 内野手
5位田中 法彦 菰野高 投手
6位正随 優弥 亜細亜大 外野手
7位羽月 隆太郎 神村学園高 内野手
育1大盛 穂 静岡産大 外野手


draftkaigi at 07:01│ │広島 
ドラフトニュース検索