ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

佐々木朗希(大船渡)に米国4球団、日本2球団集結

2018年11月18日

11/18、スポーツニッポン4面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

来秋のドラフト1位候補に挙がる大船渡の157キロ右腕・佐々木朗希投手(動画)が17日、栃木県内で行われた国学院栃木との練習試合に登板。メジャー4球団を含む日米6球団のスカウトが視察する中、6回1失点で最速154キロをマークした。年内はこれが最終登板となる見通し。将来的な目標として、メジャー挑戦への思いを語った。

異様な光景が、佐々木朗の未知なる力を物語っていた。お目当ての右腕がマウンドへ向かうと、スタンドで待機していたメジャースカウト陣も動きだす。怪腕の姿を目に焼き付けようと、ネット裏の最前列の金網にへばりついて撮影するスカウトもいた。1球ごとにスピードガンをチェックし「チェンジアップか?スライダーか?」と球種も確認した。

フィリーズ、パイレーツ、オリオールズ、アスレチックス、巨人、西武と日米6球団が目を光らせた。高校の秋の練習試合をメジャースカウトが視察するのは異例だ。

テスト期間明けで本格的な練習は13日から。佐々木朗はブルペンで10球程度の投球練習にもかかわらず、初球でいきなり152キロ。「今日はあまり力を入れないで投げた」と言いながら、6回にこの日最速154キロを計測。8奪三振で、打っても4番で2回に右越え三塁打を放った。

フィリーズの大慈弥功環太平洋部長は「大谷に匹敵する。向こうで活躍できるポテンシャルは十分に持っている」と絶賛。スカウト陣は降板まで食い入るように見つめた。

同じ岩手出身の西武・菊池雄星、エンゼルス・大谷翔平の両先輩投手が日本経由でメジャーに移籍した。「まず日本で自信をつけて、いつかそういう気持ちが出てきたら、その時(挑戦を)考えたい」。来春のセンバツこそ絶望的となったが、今冬は股関節や肩甲骨の強化でタフな体づくりを目指す。

大谷が花巻東時代の3年時に記録した最速160キロへの期待も大きいが「大船渡のみんなと一緒に甲子園に行きたい」と話した。大事な目標をかなえ、さらに先の大きな夢をつかみに行く。

(11月17日 練習試合 大船渡 3-2 国学院栃木)



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:07│ │巨人 | 西武
ドラフトニュース検索