ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

楽天、来年はFA大量流出の可能性

2018年11月30日

11/30、日刊ゲンダイ29面より
正念場はこれからだ。西武の浅村栄斗を獲得し、FA補強一番乗りを果たした楽天。9月に就任したばかりの石井一久GMが自身のFA経験を交えて「移籍を経験しないで終わるのはもったいない」と説得し「来てくれるだけで意味がある」と口説き落とした。

来月の入団会見を前に、石井GMは初勝利に酔いしれているだろうが、ウカウカしてもいられない。というのも、楽天は来オフ、怒涛のFAラッシュが控えているのだ。順調にいけば、則本昂大(2012ドラフト2位)美馬学(2010ドラフト2位)銀次(2005ドラフト3巡目)岡島豪郎(2011ドラフト4巡目)が来季中に国内FA権を取得する。

エースの則本はメジャー挑戦を見据えているため権利行使の可能性が低い一方、来季で3年契約が満了。オフにはポスティングシステムを利用しての大リーグ挑戦について球団と話し合うことを約束している。このほか、今江福山も故障者特例措置での取得が予想され、最多6人が流出する危険性がある。

「楽天は今季、リーグ最下位。チームは2013年に日本一を経験しているとはいえ、優勝経験はその1度だけ。もっと上を目指したいと他球団移籍を希望する選手が出てくるかもしれません。そうなれば、チームは崩壊が現実味を増します」(球界関係者)

このFA予備軍たちはほとんどがレギュラー。西武から巨人へFA移籍した炭谷とはワケが違う。ただでさえ楽天は層が薄く、銀次にいたっては一塁手、二塁手、三塁手の「一人三役」をこなしている。1年後、FAの波の乗りこなし方で石井GMの真価が試されることになりそうだ。


draftkaigi at 07:00│ │FA | 楽天
ドラフトニュース検索