ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

古野正人(ヤクルト戦力外)、阪神の打撃投手に転身

2018年12月01日

12/1、サンケイスポーツ2面より

2011ヤクルトドラフト6位 古野正人
三菱重工神戸・投手

今季ヤクルトを退団し、現役を引退した古野正人氏(2011ヤクルト6位)が、来季から阪神の打撃投手を務めることが30日、分かった。プロ初登板も、今季3年ぶりにつかんだ白星も阪神戦。虎と縁の深い右腕が、今度は虎の打力向上のため縁の下の力持ちとなる。

欠員が出ていた虎の打撃投手に、来季は意外な男が加わる。元ヤクルト投手の古野正人氏だ。まさに昨日の敵は今日の友。今度は仲間として打って、猛虎打線復活へとつなげる。

古野は地元・兵庫の報徳学園高から龍谷大、日産自動車を経て、三菱重工神戸から2011年にD6位でヤクルト入りした。通算62試合に登板し、9勝12敗、防御率5.30。関西出身右腕というだけでなく、虎とは浅からぬ縁も。阪神戦の通算成績は12試合で1勝1敗、防御率5.89だが、プロ初登板初ホールドを2013年4月19日の阪神戦で記録していた。

そして今季も・・・。16年6月以来1軍登板がなく、白星にいたっては15年以来なかったが、8月29日の阪神戦で先発登板すると5回6安打2失点(自責1)の粘投で3年ぶりの勝利投手に。今季ヤクルト戦をカード10連敗で終えた虎にとって、この試合が3連敗目だった。17年ぶりの最下位へ転落していく真っただ中で、印象的な投球を刻まれていた。

今季は登板2試合で1勝1敗、防御率5.00にとどまり、ヤクルトを戦力外に。11月24日に現役引退を表明していた。期間を空けず、裏方としてライバルチーム入りするのは異例ともいえるが、オーバースローから投じる力強い真っすぐと、豊富な球種は、虎にとって打撃練習のしがいがある。

今季リーグワースト2位のチーム打率・253に終わった阪神(ワーストはDeNAの同・250)。最下位からの巻き返しへ、若手も中堅もとにかく打ち込みが必要。そんななかで願ってもない、32歳と若い古野氏の“補強”。現役を退いたばかり右腕が大きな戦力となる。



下は2011ドラフトでヤクルトが指名した選手です。古野正人は6位指名され入団。プロでの成績はこちら


ヤクルトの2011ドラフト指名選手
1位 川上 竜平 光星学院高 外野手
2位 木谷 良平 日本文理大 投手
3位 比屋根 渉 日本製紙石巻 外野手
4位 太田 裕哉 日本製紙石巻 投手
5位 中根 佑二 東北福祉大 投手
6位 古野 正人 三菱重工神戸 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:07│ │戦力外通告 
ドラフトニュース検索