ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

ヤクルトドラ2・中山翔太、スカウト「2年時から注目」

2018年12月01日

12/1、サンケイスポーツ5面より

2018ヤクルトドラフト2位 中山翔太
法政大・一塁手兼三塁手・動画

ヤクルトのドラフト2位、法政大・中山翔太外野手(動画)が30日、東京・新宿区の日本青年館ホテルで入団交渉を行い、契約金7500万円、年俸1300万円で仮契約を結んだ。背番号は大杉勝男、広沢克実ら右の強打者が背負った8に決定。スクワット250キロ、ベンチプレス140キロを誇る『きんに君』は「いつか広沢さんを超えられるように頑張りたい」と活躍を誓った。

身長1メートル85、95キロの体がひと際大きく見えた。仮契約を終え、金びょうぶの前で会見した中山は真っすぐに前を見つめた。「将来の目標は球界を代表する選手。全力プレーを継続して、一日でも早く近づけるように頑張りたい。(背番号は)うれしかった。やる気が出てきました」

背番号に期待の大きさが表れる。背番号8は1978年に球団初のリーグ優勝、日本一に導いた大杉勝男(故人)や打点王2度の広沢克実ら、右の大砲が背負った番号。法大では2年秋からレギュラーをつかみ、東京六大学リーグ通算11本塁打のスラッガーは「いつか、広沢さんを超えられるように頑張りたい」と背筋を伸ばした。

座右の銘は「筋肉は一日にしてならず」。尊敬する人は「トレーニング雑誌で参考にしていた」というアーノルド・シュワルツェネッガーで『きんに君』の愛称も浸透しつつある。メディカルチェックの際には偶然会った履正社高の先輩・山田哲から「きんに君、よろしく!」と声をかけられ「握手をさせていただいた。手が温かかったです」と笑顔で振り返った。

高校時代から続ける丸刈り頭は、プロ入り後も変えるつもりはないという。「2週間に1度、マイバリカンで刈っています。高校で一度だけ伸ばしたけど、全然似合っていなかった。大事なのは野球なので」と中山。誰からも愛される明るいキャラクターも大きな武器だ。

▼ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク
「奉納試合(2年時の2016年11月)から注目していた。背番号は右のスラッガーを意識した」




下は2018ドラフトでヤクルトが指名した選手です。2位指名・中山君のスカウト評はこちら

ヤクルトの2018ドラフト指名選手
×根尾 昂   
×上茶谷 大河
1位清水 昇 国学院大 投手
2位中山 翔太法政大 内野手
3位市川 悠太明徳義塾高 投手
4位浜田 太貴明豊高 外野手
5位坂本 光士郎 新日鉄住金広畑 投手
6位鈴木 裕太 日本文理高 投手
7位久保 拓真 九州共立大 投手
8位吉田 大成明治安田生命 内野手
育1内山 太嗣 BC栃木 捕手
育2松本 友 BC福井 内野手


draftkaigi at 10:27│ │ヤクルト 
ドラフトニュース検索