ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

工藤隆人(中日)、第二の人生は外野守備走塁コーチ

2018年12月03日

12/3、スポーツニッポン6面より

2004日本ハムドラフト9巡目 工藤隆人
JR東日本・外野手

心の衰えが引き際を決断させた。11月中旬のナゴヤ球場。指導者に転身した中日・工藤(2004日ハム9巡目)は昼食後、次の練習までの合間を縫い、語り出した。 「去年から引退を考えていて、今年1月には“今季限りで”と周囲に伝えていた。気持ちの維持が難しく、毎年体をつくるのがきつくなってきた」

与えられた役割は終盤で競った場面での代走や守備固め。できて当たり前とみられ、わずかなミスも許されない。「7、8、9回に行くというのは疲れる。気持ちをキープするのは大変。もう一回、来年も・・・と考えられなかった」。

1981年3月生まれで、いわゆる「松坂世代」。弘前実では1年夏に甲子園に出場を果たしたが、横浜高が甲子園大会で春夏連覇を果たした3年時の98年は聖地にたどり着けなかった。

今季からチームメートとなった松坂(当時西武)が高卒で華々しくプロ入りしたのとは対照的に、青森大、JR東日本を経て04年ドラフト9巡目で日本ハムに入団。その後、トレードで巨人、ロッテと渡り歩き、1軍出場がなかった13年に戦力外通告を受けた。

ただ、捨てる神あれば拾う神あり・・・。12球団合同トライアウトで当時の落合博満ゼネラルマネジャーの目に留まり、中日に加入。俊足を武器に出場機会を増やしていった。14年の現役生活を振り返ると、最後の4球団目だった中日での5年間が一番長かった。「クビになって野球の楽しさを教えてくれたのが中日」と感謝の言葉を口にする。

与田監督率いる新体制のもと、秋季キャンプからは外野守備走塁コーチとして後進の育成に努めている。37歳の青年指導者は「選手から近すぎても遠すぎても良くない。距離感が大事。選手と会話して心を探りながらやっていきたい」とコミュニケーションの必要性を強く意識する。

プロ野球人生は、決して花形ではなく脇役だった。背番号は5度も変わり、戦力外通告という厳しい現実にも直面したからこそ「辞めた後悔は全くない」と現役に未練はない。「一緒にやってきた選手たちなので、どれだけ良い選手が出てきてくれるか楽しみ」。名脇役がコーチとして第二の野球人生を歩き始めた。



下は2004ドラフトで日ハムが指名した選手です。工藤隆人は9巡目指名入団。プロでの成績はこちら


日本ハムの2004ドラフト指名選手
自由枠(行使せず)
自由枠(行使せず)
1巡目 ダルビッシュ有 東北高 投手
2巡目(指名権なし)
3巡目橋本 義隆ホンダ投手
4巡目マイケル 中村元ブルージェイズ投手
5巡目市川 卓菰野高内野手
6巡目菊地 和正上武大投手
7巡目中村 渉三菱製紙八戸投手
8巡目鵜久森 淳志済美高外野手
9巡目工藤 隆人JR東日本外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:54│ │戦力外通告 
ドラフトニュース検索