ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る

阪神、2018ドラフトは「小粒・欠陥選手多い」

2018年12月05日

12/5、日刊ゲンダイ30面より
「歴代の5番をつけられた先輩方のように活躍したいと思う」。3日、阪神が大阪市内のホテルで新人7選手の入団を発表。ドラフト1位で即戦力との触れ込みの大阪ガス・近本光司外野手(動画)は背番号5のユニホームに袖を通してこう言った。

阪神の背番号5といえば新庄剛志が有名だが「新庄ほどスケールは大きくない。バッティングがシュアで足が速い。タイプとしては赤星でしょう。ただ、外れの外れとはいえ1位で指名するほどの選手なのかどうか。ウチでは3位に評価していましたから」と、在京球団の編成担当者がこう続ける。

「野手は全体的に小粒です。2位の延岡学園・小幡竜平(動画)は内野手で守備はバツグンでも、あまりに覇気がない。プロでは時間がかかりそうだというので、ウチはリストからも外した。3位のホンダ・木浪聖也(動画)は守備が堅実で打撃もいいショートですが、足も守備も新人王を獲得した源田(西武)の社会人時代には遠く及ばない。ウチは4位に評価していた。野手で将来、中軸を任せられるような選手は見当たりません」

ちなみに投手は4位で右腕のホンダ・斎藤友貴哉(動画)5位で左腕の創成館・川原陸(動画)6位で右腕のBC富山・湯浅京己(動画)の3人を獲得したものの「斎藤と湯浅はいずれも球は速いけど、大きな欠点がある。斎藤は細かいコントロールがなく、湯浅は決め球にできる変化球がない。ウチはそれで指名リストから外したのです」(同)。

今季、最下位に沈んだ阪神。チーム本塁打85はリーグワースト、総得点577と打率・253はいずれもリーグ5位だ。ドラフトで小回りの利く選手をかき集めて、懸案の得点力不足を解消できるのかどうか。



下は2018ドラフトで阪神が指名した選手です。

阪神の2018ドラフト指名選手 
×藤原 恭大   
×辰己 涼介    
1位近本 光司 大阪ガス 外野手
2位小幡 竜平 延岡学園高 内野手
3位木浪 聖也 ホンダ 内野手
4位斎藤 友貴哉 ホンダ 投手
5位川原 陸 創成館高 投手
6位湯浅 京己 BC富山 投手
育1片山 雄哉 BC福井 捕手


draftkaigi at 09:43│ │阪神 
ドラフトニュース検索