ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

西勇輝、阪神を選んだ本当の理由とプロテクト問題

2018年12月13日

12/13、日刊ゲンダイ31面より

2008オリックスドラフト3位 西勇輝
菰野高・投手・18歳

「環境を変えたくなかった」。先日、阪神入りを表明した西勇輝(2008ドラフト3位)は、その理由をこう語った。オリックスからFA宣言し、阪神だけでなくソフトバンク、DeNAが争奪戦に参戦。オリックスも宣言残留を認めていた。「条件面ではソフトバンクが圧倒していた」とは、さる阪神OB。

「ソフトバンクは、4年総額26億円といわれる大型契約を用意。調査をしていた中日は参戦せずに撤退したくらいです。阪神は矢野監督が就任し、喉から手が出るほど欲しかったが、提示額は4年総額16億円程度。ソフトバンクとは10億円の開きがあった。それでも西が阪神入りを決めたのは、家庭の事情も加味したのです」

西は、16年オフに一般女性との結婚を公表している。前出OBが続ける。

「ここ1、2年の間に、大阪市内にマンションを購入し、奥さんも慣れ親しんだ大阪に愛着があるそうです。FA解禁前から在阪球団である阪神が有利といわれていた。そこにソフトバンクが参戦したことで、阪神も当初の4年10億~12億円から誠意として条件を上方修正。西サイドとしてはウハウハの結果になった。阪神のフロントは11月16日に大阪で行われた西との1回目の交渉直後に、グラスを傾けながら食事をしていたそうですから、当初から勝算があったのでしょう」

一方、西を阪神に強奪されたオリックスは今後、阪神から28人のプロテクトリストを受け取り、人的補償を求めるかどうか検討に入る。すでにオリックスは「糸井や福留、鳥谷ら高年俸のベテランがプロテクトから外れた場合、指名する可能性がある」と心理戦を仕掛けているが・・・。某オリックスOBがこう言う。

「12年に寺原がソフトバンクへFA移籍した際は、ベテランの馬原を獲得した。ただ、本当に糸井や鳥谷を取りに行くつもりがあるなら、マスコミにそんな話はしない。ブラフでしょう。狙いはむしろ、阪神がベテランを優先し、28人のボーダーライン上にいる若手有望株とみている。

面白いのは大卒4年目を終えた江越大賀。両打ち転向を指示され、結局断念するなどなかなか芽が出ないが、身体能力が高く、肩や足、守備は一軍でも十分に通用する。矢野監督はそこそこ評価しているようですが、阪神内より他球団の方が評価が高い選手。課題の打撃もウエスタンでは打率.212ながら、15本塁打でリーグ2位。ノビノビした環境かつ、力勝負が主流のパ・リーグの方がマッチするかもしれない」


オリックスはどんな「お返し」をするのか。



下は2008ドラフトでオリックスが指名した選手です。西は3位指名入団。プロでの成績はこちら

オリックスの2008ドラフト指名選手
1位甲斐 拓哉東海大三高投手
2位伊原 正樹関西国際大投手
3位西 勇輝菰野高投手
4位高島 毅青山学院大内野手
5位西川 雅人四国九州IL愛媛投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:10│ │阪神 
ドラフトニュース検索