ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

人的補償指名は第2のドラフト

2018年12月13日

12/13、夕刊フジ27面「小田幸平の第2捕手目線」より

1997巨人ドラフト4位 小田幸平
三菱重工神戸・捕手

丸佳浩外野手が広島から巨人、炭谷銀仁朗捕手が西武から巨人、浅村栄斗内野手は西武から楽天、西勇輝投手はオリックスから阪神にFA移籍することが決まり、次は人的補償があるかどうかが注目されます。

言うまでもなく、4選手を獲得した球団は、旧所属球団に対し金銭補償、もしくは金銭+人的補償を行わなければなりません。かくいうワタクシ、小田幸平(1997巨人4位)は2005年オフ、巨人が中日からFA宣言した野口茂樹投手を獲得したことに伴い、人的補償として巨人から中日に移籍しました。

同年12月、巨人の球団事務所に呼ばれ、人的補償に指名されたことを通告されました。「どっちですか?」と最初に聞いたことを覚えています。巨人は当時、西武からFAの豊田清投手も獲得していたからです。後日、江藤智内野手が豊田投手の人的補償として西武に移籍しました。

人的補償は、球団がプロテクトした28選手以外から選ばれます。自分がプロテクトされなかったことに、一抹の寂しさはありました。いまと違って前例が少なく、僕はプロ野球史上4人目の人的補償選手でしたから。

しかしよく考えてみれば、中日は人的補償を求めず金銭を多めにもらうこともできる中で、僕をほしいといってくれているのです。いわば第2のドラフト指名を受けたといえるのではないか。そう前向きにとらえることができました。

兵庫出身の僕は子供のころ、ご多分に漏れず阪神ファンでした。好きだった球団は阪神、就職先は巨人、そして転職先は中日ときっぱり割り切ることにしました。

しかも当時の中日・落合博満監督が「小田が(プロテクトから)外れているとは思わなかった」「あれくらいの捕手を(ドラフトで)取ろうと思ったら1億円かかる」と言ってくださっていることを新聞紙上で知りました。おそらく巨人に対する当てつけもあったのでしょうが、僕は奮い立ちました。

もっぱら谷繁元信捕手の控えではありましたが、巨人時代より1年多い9年を中日で過ごすことができました。振り返ってみると、巨人でも多くの先輩方からかけがえのない教えを受けましたが、人的補償による移籍は野球の神様の配慮だったと思っています。

放出されたと落ち込んだりするのは、もったいない。大竹寛投手の人的補償として広島に移籍してからブレークした一岡竜司投手の例もあります。人的補償選手には積極的に自分の運命を受け入れて、胸を張って新天地に向かってほしいと思います。



下は1997ドラフトで巨人が指名した選手です。小田幸平は4位指名入団。プロでの成績はこちら

巨人の1997ドラフト指名選手
1位高橋 由伸慶応大外野手
2位川中 基嗣日本通運内野手
3位山田 真介上宮高投手
4位小田 幸平三菱重工神戸捕手
5位田中 健太郎松商学園高投手
6位中村 善之新日鉄八幡投手
7位吉村 将生東海大四高内野手
8位平松 一宏JR西日本投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 09:02│ │FA 
ドラフトニュース検索