ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

竹安大知(阪神)、人的補償でオリックスへ移籍

2018年12月21日

12/21、サンケイスポーツ5面より

2015阪神ドラフト3位 竹安大知
熊本ゴールデンラークス・投手

オリックスは20日、国内フリーエージェント(FA)権を行使して阪神に移籍した西勇輝投手の人的補償として、竹安大知投手(2015阪神3位)を獲得したと発表した。今季はウエスタンで14試合に登板して6勝0敗、防御率1.30と好投。金本知憲前監督が青田買いした将来性を高く評価して、先発ローテの一角として期待した。

西、金子が去って先発陣に大きな穴の開いたオリックス。阪神からの人的補償で選んだのは、来季4年目の竹安だった。「24歳と年齢も若く、毎年確実に力をつけている選手で、まだまだ伸びしろも見込める。将来的にもすばらしい投手」。長村球団本部長が獲得の経緯を説明した。

プロ入り前に受けた手術の影響で、阪神で1軍登板数は3年間で3試合だが、今季はウエスタンで14試合に登板して6勝0敗。勝ち星上位10傑のなかで防御率1.30ともっとも優れた数字を残し「ウエスタンで一番安定した投手」(長村球団本部長)と高く評価されていた。

オリックスの先発陣は西と金子の流出により、来季高卒3年目の山崎颯や榊原、Kー鈴木ら20代前半の若手がしのぎを削る。そこに24歳の竹安が加われば、競争激化は必至。西村監督も競争を前面に打ち出しており、長村球団本部長は「監督の思うところと、われわれフロントの思うところが一致した」と2日ほど前に決断。背番号や入団会見日は未定だが、先発陣の一角を期待している。

2014年12月に右肘の側副靱帯再建術(トミー・ジョン手術)を受けた。完治してからでは他球団に獲られると、阪神・金本前監督が15年秋のドラフト会議で3位で強行指名した。矢野監督も2軍の指揮官だった今季に「上(1軍)で投げるべきピッチャー」と好評価。オリックスはいい投手に目をつけていた。

竹安は阪神球団を通じて「けがをしているときにドラフトで指名していただいたタイガースには、本当に恩があるので離れるのは正直寂しい」と本音をのぞかせつつも「オリックスファンを喜ばせられるようなピッチャーになりたいと思います」と宣言。グッと若返った西村オリックス。新たなピースを加え、2019年の逆襲に備える。



下は2015ドラフトで阪神が指名した選手です。3位・竹安大知のスカウト評はこちら

阪神の2015ドラフト指名選手
1位高山 俊明治大外野手
2位坂本 誠志郎明治大捕手
3位竹安 大知熊本Gラークス投手
4位望月 惇志横浜創学館高投手
5位青柳 晃洋帝京大投手
6位板山 祐太郎亜細亜大外野手
プロ入り後の成績   


draftkaigi at 07:00│ │FA 
ドラフトニュース検索