ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

元阪神ドラ1・蕭一傑、日本ハムの通訳の候補に

2018年12月25日

12/25、スポーツ報知4面より

2008阪神ドラフト1位 蕭一傑
奈良産大・投手

台湾・ラミゴから日本ハムに入団する王柏融(ワン・ボーロン)外野手の通訳として、阪神やソフトバンクでプレーした蕭一傑氏(2008阪神1位)が最有力候補に挙がっていることが24日、分かった。

同氏は台湾出身で、高校時代に宮崎・日南学園高に野球留学。奈良産大に進学後は最速148キロの直球を武器に主力として活躍し、08年ドラフト1位で阪神に入団した。だがプロの壁にぶつかって12年オフには戦力外通告を受け、ソフトバンクと育成選手として契約。

翌13年に再び自由契約となった後、台湾プロ野球・富邦に入団したが、今季限りでの現役引退を決断。日本球界では通算5年で2試合に登板して0勝1敗、防御率2.16の成績だった。台湾球界関係者によると、王の関係者が蕭氏の日本語能力を高く評価。通訳としてのオファーを行い、王や日本ハムとの面接も行われた模様だ。

過去に選手から通訳に転身した外国人としては、阪急でプレーしたロベルト・バルボン氏や故・ボビー・マルカーノ氏、ヤクルトでプレーした後、17年シーズン途中から日本ハムで務めるラファエル・フェルナンデス氏がいるが、珍しいケースだ。

同氏は高校時代から10年以上にわたる日本での生活経験があり、プロ野球事情にも精通。台湾以外でのプレーが初となる王にとっては、これ以上ない心強い味方となるはずだ。

球団は来季に向けて、桐蔭学園元コーチの坂本晃一氏をスカウトとして招くなど、日本ハムらしい既成概念にとらわれないリクルートでチーム強化を進めている。16年以来のリーグ優勝、日本一へ向けて“台湾の至宝”を全力でバックアップする態勢を整える。



下は2008ドラフトで阪神が指名した選手です。蕭一傑は1位指名入団。プロでの成績はこちら

阪神の2008ドラフト指名選手
1位 蕭 一傑 奈良産大 投手
2位 柴田 講平 国際武道大 外野手
3位 上本 博紀 早稲田大 内野手
4位 西村 憲 九州産業大 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01│ │阪神 
ドラフトニュース検索