ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

大山暁史(オリックス戦力外)、打撃投手で再出発

2018年12月27日

12/27、デイリースポーツ3面「第2の人生へプレーボール」より

2013オリックスドラフト8位 大山暁史
セガサミー・投手

当初はトライアウトを受験する予定だった。球団からは打撃投手の打診もあった。大山(2013オリックス8位)は現役続行か打撃投手か何日も悩み続けたという。ある日、ふと頭に浮かんだ。「自分をプロの世界に入れてくれた人に選手として恩返しできていないなって気づいたんです」

プロ入り時の担当、牧田勝吾チーフスカウトの顔が浮かんだ。この恩人は戦力外通告を受けてからも必死に動いてくれた。

「9球団に話を持って行ってくれたんです。でも30歳という年齢がネックになったようで“トライアウトで好投しても契約の約束はできない”と言われたと教えてくれました。それでも牧田さんは“挑戦するのはいいと思う”とトライアウト受験を後押ししてくれたんです」

今でも自分の中ではまだできるという思いがある。だが、この恩人にそろそろ恩返しするときなのではないか、そんな思いが強くなり打撃投手を受けることにした。

168センチと小柄な左腕。プロ入り後は自信のあった直球を簡単にはじき返されるプロの打撃に絶望感を味わった。「このままじゃダメだ」。横手投げに転向し活路を探ったがうまくはいかなかった。2016年5月24日のソフトバンク戦では2/3回で1安打5四球7失点(自責は1)。チームも6-22で敗れた。

「いい思い出ですね。野球やっている中であれ以上の地獄はない。終わったと思ったけど、あれから2年もやれましたから」。クビも覚悟したが、上手投げに戻して残留を勝ち取り、昨季はプロ初勝利も挙げた。

現在は自主トレをする選手たちを相手に打撃投手を務める日々。「これからは人のためにやろうと思う。そんなこともしたことなかったですから」。スッキリした笑顔でそう言った。



下は2013ドラフトでオリックスが指名した選手です。8位指名・大山暁史のスカウト評はこちら

オリックスの2013ドラフト指名選手
1位吉田 一将JR東日本投手
2位東明 大貴富士重工投手
3位若月 健矢花咲徳栄高捕手
4位園部 聡聖光学院高内野手
5位吉田 雄人北照高外野手
6位奥浪 鏡創志学園高内野手
7位柴田 健斗BCリーグ信濃投手
8位大山 暁史セガサミー投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 12:45│ │戦力外通告 
ドラフトニュース検索