ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

佐藤達也(オリックス戦力外)、球団広報部で再出発

2019年01月02日

日刊スポーツwebsiteより (source)

2011オリックスドラフト3位 佐藤達也
ホンダ・投手

オリックスのブルペンを長年支えてきた佐藤達也氏(2011オリックス3位)が、若くしてユニホームを脱いだ。故障や不振が重なり、プロ7年目の今季初めて1軍登板がなかった。1月1日付からは球団の広報部に配属され、サラリーマンとして第2の人生を歩むことが決まっている。

球団関係者の誰もが「本当に素晴らしい人」と口をそろえるジェントルマンが、引退決断時の心境を淡々と語った。「やっぱりプロは結果の世界でもあると思う。本心で言えば、もっと選手としてやりたいなという思いもありました。今回、球団の方からフロント入りの話をいただいていたので、ここを一つの良い区切りかなと思って、決断しました」

佐藤は大宮武蔵野高、東海大北海道、ホンダを経て11年ドラフト3位で入団。13~14年はともに67試合に登板。2年連続で最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得するなど、リリーフ陣をけん引した。7年間のプロ野球人生について「少し短いような気もしますけど、プロ野球選手になれると、全然思ってもなかったので。そこに関しては幸せな7年間でしたね」と振り返った。

いつの日か「佐藤コーチ」としてグラウンドに戻ることを待ち望んでいるファンも多いだろう。指導者については「正直、イメージは全然湧かないですけど、1度経験してみるのもいいかなと。もしまたそういったお話があれば、その時にまた考えたいと思います」と前向きな姿勢を示した。

現役を引退した後も目標は変わらない。「僕が現役時代に優勝を経験できなかったので。本当にまだ右も左もわからないですけど、少しでも球団の力になれれば。それでチームとして優勝が経験できればいいかなと思います」。今年もオリックスの一員として、96年以来23年ぶりのリーグ優勝、そして日本一へ-。立場を変えても、汗を流し続けていく。



下は2011ドラフトでオリックスが指名した選手です。佐藤達也は3位指名され入団。プロでの成績はこちら

オリックスの2011ドラフト指名選手
×高橋 周平  
1位安達 了一東芝内野手
2位縞田 拓弥JR東日本内野手
3位佐藤 達也ホンダ投手
4位海田 智行日本生命投手
5位庄司 龍二ジェイプロジェクト捕手
6位堤 裕貴佐賀龍谷高内野手
7位小島 脩平住友金属鹿島内野手
8位川端 崇義JR東日本外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00│ │戦力外通告 
ドラフトニュース検索