ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

西原健太(札幌大谷)、一躍ドラフト候補に浮上

2019年01月04日

1/4、日刊スポーツwebsiteより (source)

西原健太 (札幌大谷高・投手)
184cm・右投右打・動画

最速142キロの北海のオオカミは、雪に閉ざされる北の大地で、地道に肉体改造を図る。札幌大谷エース・西原健太投手(動画)は明治神宮野球大会決勝で、星稜打線相手に1安打8奪三振完投。初陣優勝に導いた。

大会後は、初めてスピードスケート選手が用いるスライドボードを用いて内転筋強化に着手。「外で投げられない冬場に、下半身をしっかり鍛えたい」とさらなる成長を誓う。

明治神宮大会直前、札幌大谷大監督でJR北海道の元エースとして07年都市対抗4強に導いた神田幸輝氏のアドバイスを受けフォーム修正。「右膝を曲げずに後ろに体重を残すことで、球に力を込められるようになったのが良かった」と好投の要因に挙げた。

球威には自信がある。札幌大谷では1年春からベンチ入り。当時から捕手を務める飯田柊哉主将のミットの内側や、ひもを何度も引き裂いてきた。北海道勢では、13年駒大苫小牧の田中将大(ヤンキース)以来の明治神宮大会優勝投手に輝き「春までに速いスライダーを身につけ、直球が生きるようにしたい」とさらなる進化を誓った。

初の全国舞台で一躍、ドラフト候補に浮上した。「気持ちで向かっていく投球が自分の武器だが、神宮大会では状況に応じて落ち着いて投げることもできた」。秋季北海道大会準決勝、決勝は3回持たずに右横手投げの太田流星投手に救援をあおいだが、全国舞台ではピンチでも粘り強く抑え、精神的に成長した姿を披露。飛躍した神宮での投球に磨きをかけ、春に備える。



西原君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 13:30│ │高校 
ドラフトニュース検索