ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

長野移籍の衝撃、高校球児の巨人離れが加速か?

2019年01月09日

1/9、日刊ゲンダイ終面より

2009巨人ドラフト1位 長野久義
ホンダ・外野手

(前半略)

内海に続く長野(2009巨人1位)退団の衝撃は、チーム内はもちろん、アマ球界にも広がっている。横浜高校の元野球部部長で、これまでにあまたの教え子をプロ野球に送った小倉清一郎氏が「ルール上、仕方のないことだとは思うが・・・」と前置きし、こう続けるのだ。

「高校野球の現場ではすでに巨人離れの動きが出ています。正直なところ私も、横浜高で指導している頃は、巨人に教え子を預けるのは躊躇した。昨年、ようやく(高卒4年目の)岡本が出てきたとはいえ、他球団と比べて高卒の選手がほとんど出てきません。補強が多いこともあるし、若い選手を育てたり、起用する姿勢が見えませんからね。『取るのはいいけど、ちゃんと面倒見てくれるの?』と言いたくもなりますよ」

巨人は14年オフにFAで相川亮二をヤクルトから獲得した際、その人的補償に高卒入団で1年目を終えたばかりの奥村展征(2013巨人4位)を指名された過去がある。

当時、高校野球の強豪校の関係者から「ドラフト4位で指名した高卒ルーキーをプロテクトから外すなんて考えられない。選手を育てる気がないと表明したのも同然。そんなチームに大事な選手を預けられない」と非難の声が続出したことがあるが、前出の小倉氏は「今回、生え抜きの功労者が立て続けに流出したことで、ますますアマ球界で巨人離れが加速する可能性があります」と言う。

長野と内海はアマチュア時代、ともに他球団のドラフト指名を蹴って浪人してまで、巨人入りを熱望した選手だ。原監督の言う「ジャイアンツ愛」の象徴的な存在だった。そんな2人でも、最後は補強の犠牲になってはじき出される。これがチームづくりの根幹であるドラフトをも直撃するとすれば、その代償は小さくない。



下は2009ドラフトで巨人が指名した選手です。長野久義は1位指名入団。プロでの成績はこちら

巨人の2009ドラフト指名選手
1位長野 久義ホンダ外野手
2位鬼屋敷 正人近大高専捕手
3位土本 恭平JR東海投手
4位市川 友也鷺宮製作所捕手
5位小野 淳平日本文理大投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:07│ │巨人 | FA
ドラフトニュース検索