ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019ドラフト注目、奥川恭伸(星稜)

2019年01月12日

1/12、スポーツ報知4面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

6日に60球の新年初投げで始動した星稜・奥川(動画)「日本一を目標にやっています」と高校最後の1年の決意を口にした。目指す投手像は「甲子園で勝てる投手」。チームとしても、個人としても、日々の練習から日本一を意識している。

昨年のセンバツで甲子園デビュー。昨夏の甲子園では2試合に先発し、自己最速の150キロを記録。2年生で唯一、U-18日本代表に選出された。昨秋は、北信越大会準々決勝・松本第一(長野)戦で初回先頭打者から10者連続三振を奪う異次元の快投を見せ、11月の明治神宮大会では3試合に投げ15回1/3、26奪三振で準優勝に貢献した。

甲子園での「全国制覇」の先に、プロの舞台を見据える。「ドラフトでは欲を言えば1位か2位で選ばれたい」と控えめだが、高校生離れした高い次元の投球を追究している。

昨秋に新たな武器として封印を解いたフォークは「まだ落ちるという確信はなく、ただ挟んで投げているだけ。落ちる幅も分かった上で、狙った所に落とせる精度を目指している」。出場を確実としている3月のセンバツで「冬場に成長した姿を見せたい」と進化を証明するつもりだ。



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 11:32│ │高校 
ドラフトニュース検索