ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

巨人の期待の新人、増田陸(ドラフト2位)

2019年01月30日

1/29、スポーツ報知2面「羽ばたけルーキーG己紹介」より

2018巨人ドラフト2位 増田陸
明秀学園日立高・遊撃手・動画

増田陸(動画)はひときわ大きな声を発し、ノックを受けていた。「自然にみんなに声かけて、笑わせて、盛り上げたりできるんです。プロの野球でもそういう立場になりたいです」。

明秀学園日立高では憧れの坂本勇を光星学院高(現八戸学院光星)監督時代に育てた金沢監督の下で主将を務め、チームを引っ張っていく大切さを学んだ。「将来、キャプテンやりたいですね」。主将、右打ち、遊撃手、リードオフマン・・・と共通点の多い背番号6の後継者になることを目指している。

プレーにおいても持ち味は「積極性」だ。「ヒットでもいい。でもホームランの方がチームが乗る。ましてや先頭打者ホームランは盛り上がる」。

高校時代、1番打者として常に狙っていたのは本塁打。センバツに向けて練習に励んでいた2年生の時、ウェートトレなどで筋力アップに励み、体重を冬場だけで10キロ増量させ80キロに。パワーヒッターとして、進化を遂げた。

守備は「(打球を)捕ってからの速さ」をウリにしている。ボールさばき、逆シングルの捕球の仕方など、まさに坂本勇のよう。同じ遊撃手としてポジションはかぶる。

「今は坂本さんにほれてていいけど、いつまでもほれてばかりじゃいけない。近い将来、ショートのレギュラーを僕が取りにいきたい」。プロでも狙うは「先頭打者弾」。盛り上げ隊長が己のスタイルで、憧れの先輩の座を脅かす存在となる。



下は2018ドラフトで巨人が指名した選手です。2位指名・増田君のスカウト評はこちら

巨人の2018ドラフト指名選手
× 根尾 昂    
×辰己 涼介    
1位高橋 優貴八戸学院大 投手
2位増田 陸 明秀日立高 内野手
3位直江 大輔松商学園高 投手
4位横川 凱大阪桐蔭高 投手
5位松井 義弥折尾愛真高 内野手
6位戸郷 翔征聖心ウルスラ高 投手
育1山下 航汰健大高崎高 外野手
育2平井 快青 岐阜第一高 投手
育3沼田 翔平 旭川大高 投手
育4黒田 響生 敦賀気比高 内野手


draftkaigi at 07:00│ │巨人 
ドラフトニュース検索