ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

仙台大、145キロ超の4投手はいずれもプロ志望

2019年02月10日

2/10、日刊スポーツwebsiteより (source)
創部50周年の節目の年に4年ぶり3度目の神宮出場を狙う仙台大(仙台6大学)が10日から3月1日まで、広島・呉市で春季キャンプを行う。20日間のキャンプには、入学前の新1年生11人を含む計43人(投手18人、野手25人)を抜てき。開幕ベンチ入りに直結する3月の遠征メンバーを27人に絞り込む。

春秋を通じて昨季、5年ぶりにリーグ優勝を逃した森本吉謙監督は「(創部50周年でも)特別な年はない。常に平常心で毎年100%の力を出し切る。キャンプは実力勝負」とチーム内競争に期待する。

昨秋後、野手陣は1年秋からレギュラーだった辻本勇樹捕手や打撃2冠(打点、本塁打)の鳥井凌外野手ら4年生の主力6人が引退。打順もがらりと入れ替る中、いずれも最速145キロ超の4投手が主戦の座を争う。

右腕では最速149キロの稲毛田渉同152キロの宇田川優希(2年)、左腕では同147キロの大関友久(動画)同149キロの小林快(動画)だ。いずれもプロ志望で、特に3年生トリオは「実績を残してアピールしたい」と、進路を懸けて大学最後の1年に挑む。

一方、リーグ経験者不在の捕手陣も正捕手の座を争う。新主将も務める村井良彦捕手は「去年は個の力が強いチームでしたが、今年は根の部分を大事にして戦いたい」とチーム一丸を強調する。

森本監督は「ディフェンス重視は変わらない。(背番号)18番だけは私が決める。(不動だった)4年生がいなくなった分、レギュラーは白紙。逆に誰が出てくるか楽しみ」と新戦力の台頭を待ち望んだ。



大関君のピッチング動画はこちら

小林君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:00│ │大学 
ドラフトニュース検索