ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

スカウトの逆襲、高卒新人選手の扱い方

2019年02月11日

2/11、日刊ゲンダイ39面より
自主トレ中、オレが担当した高卒ルーキーのフリー打撃を見て、たまげたよ。バットが下から出てるし、しゃくり上げるようなスイング。左の脇も開いてる。ツボにはまったときは、アホみたいに飛ばすんだけど、あのままでいいはずがない。

とりあえず始まったばかりだし、独断でフォームに手を入れるわけにはいかない。その場は何も言わなかったけど、オレはもうじきキャンプ地に入る。二軍のコーチと相談してフォームを修正した方がいいだろうと考えてたら、部長からストップがかかった。

 「アイツが地方の無名の公立校から来た選手ならともかく、そうじゃないだろう」

選手は地方の無名校どころか、西の方の甲子園常連校出身だ。

「だとすれば、技術に関する基本的なことは監督やコーチから教えられているはずだし、本人がしゃべることを聞いている限り、アタマの悪いやつじゃない。自分なりに考えてよかれと思って、あのフォームで打ってるわけだ。なのに、コーチにフォームを直せと言われたら、納得いかないし、混乱するだけだからな」

けれども、あのフォームのまま、実戦で結果が出るとは思えない。それでも、いじらない方がいいのか?

「知識や自分で考える能力のある選手は、放っておくしかない。壁に当たれば、自分からフォームを変えるだろうし、いよいよ自分の手に負えなくなれば、コーチに聞きにくるさ。あのタイプは、選手の方から聞いてくるまで、さわらない方がいいんだ」

ウチの球団が、原則として投手も野手も新人のフォームをいじらないのは主にそんな理由からだろう。いいものがあるからドラフトで指名したわけだし、とりあえず本人のスタンスを尊重しようということか。本人から助言を求めてくるまで我慢しなきゃならないとはもどかしい話だが、「あのタイプ」と言うからには、そうじゃないタイプもいるのか。

「基本的なことをまったく教えられずにプロ入りしてきた連中は別さ。そんなのがドラフトされるかって? 地方の公立校出身者には、すべて自己流でやってきたのが結構いる。特に野手は、足と肩が飛び抜けていれば、それだけで獲得するケースも多いからな。そういうやつらはむしろ、いきなりいじってやるべき。何が正しいのか分からないんだから」

選手によってハンドリングを変える必要があるのだから、スカウトは選手の特徴を正確に把握した上で、現場の首脳陣と指導方針を相談しなければならない。今年もやることは山ほどあるし、ゴルフはお預けだと思ったら、とたんに気が重くなったね。  (プロ野球覆面スカウト)



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら


draftkaigi at 07:00│
ドラフトニュース検索