ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

楽天6位・渡辺佳明、新人最速の対外試合1号弾

2019年02月17日

2/17、サンケイスポーツ4面より

2018楽天ドラフト6位 渡辺佳明
明治大・三塁手・動画

楽天のドラフト6位・渡辺佳明内野手(動画)が16日、沖縄・金武でのロッテとの練習試合に「9番・二塁」でスタメン出場し、プロ初安打となるソロ本塁打。横浜高前監督の渡辺元智氏を祖父に持つサラブレッドが、今季のルーキー最速で対外試合1号をマークした。

舞い上がった打球が、沖縄の曇り空でアーチとなった。描いたのは渡辺佳。今季の新人で誰よりも早く、対外試合で本塁打を放った。「練習通りに打とうと。うまく内角に対応できたと思います」。

ロッテ・田中の外角に逃げていくシュートに食らいつき、ファウルで粘る。カウント2-2と追い込まれてからは狙い球は決めず「来た球に反応する」と頭を切り替えた。実戦2試合目での初安打が初本塁打。横浜高前監督の祖父・元智氏には「結果は伝えます。ただ2三振しているので、指摘されると思います」と表情を引き締めた。

明大時代は公式戦、練習試合とも本塁打なし。「(横浜)高校3年の6月の練習試合以来」というアーチで、スタッフからホームランボールを手渡されても「小学生のときにしか記憶がない」と照れ笑いした。

大学までは短打を意識してきたが、プロ入りしてからは強い球に負けないよう強く振ることを意識。「球の内側を強くたたく。球を長く見て体の近くで打つ」というイメージが、金森栄治打撃コーチの理論とも合致した。

大学日本代表の同士でもあるドラフト1位・辰己(立命大)に、プロ初安打で先んじた。「いつも刺激をもらっている。先に打ててうれしい。これからも切磋琢磨していきたい」と声を弾ませた。内野のポジション争いは厳しいが、平石監督は「バットコントロールも体の使い方もうまい。このまま競争に勝ってもらえたら」と期待をかけた。

(2月16日 練習試合 ロッテ 4-1 楽天)



下は2018ドラフトで楽天が指名した選手です。6位指名・渡辺君のスカウト評はこちら

楽天の2018ドラフト指名選手 
× 藤原 恭大    
1位 辰己 涼介 立命館大 外野手
2位 太田 光 大阪商大 捕手
3位 引地 秀一郎 倉敷商高 投手
4位 弓削 隼人 スバル 投手
5位 佐藤 智輝 山形中央高 投手
6位 渡辺 佳明 明治大 内野手
7位 小郷 裕哉 立正大 外野手
8位 鈴木 翔天 富士大 投手
育1 清宮 虎多朗 八千代松陰高 投手
育2 則本 佳樹 山岸ロジスターズ 投手



draftkaigi at 07:02│ │楽天 
ドラフトニュース検索