ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

あのドラフト選手は今、蕭一傑(ドラフト1位)

2019年02月18日

2/18、デイリースポーツ2面「トラ番25時」より

2008阪神ドラフト1位 蕭一傑
奈良産大・投手

数日前の朝、携帯メールの着信音が鳴った。「17日、行きますね!!」。相手は08年度ドラフト1位で阪神に入団し、昨年限りで現役を引退して現在は日本ハム・王柏融の通訳を務める蕭一傑氏(2008阪神1位)だった。入団時からドラ1担当として長く取材した選手。チームを離れた13年以来6年ぶりの再会だ。

練習試合後。通路で待っていると、少しほっそりとした笑顔に会えた。握手は両手。奈良産大時代の恩師の言葉を思い出す。「日本人より日本の心を持ったやつですよ」。幼少期、台湾で甲子園中継を見て、日本の野球に憧れを抱いた。通訳での復帰。変わらない姿がうれしかった。

「阪神はどうですか?。雰囲気が変わりましたね」。かつてつけていた19番を背負い、藤浪が日本ハム打線に投げる。その姿をベンチで通訳として見届けた。「阪神の選手には頑張ってほしいですね」。4年間在籍した古巣を思う。第2の人生は始まったばかりだ。



下は2008ドラフトで阪神が指名した選手です。蕭一傑は1位指名入団。プロでの成績はこちら

阪神の2008ドラフト指名選手
1位 蕭 一傑 奈良産大 投手
2位 柴田 講平 国際武道大 外野手
3位 上本 博紀 早稲田大 内野手
4位 西村 憲 九州産業大 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:50│ │阪神 | あのドラフト選手は今・・・
ドラフトニュース検索