ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

高校野球の名門・如水館がピンチ、何があったのか?

2019年02月20日

2/20、スポーツ報知4面より
甲子園春夏通算8度出場の如水館(広島)で、迫田監督の退任に伴い、エースを含む2選手が退部し、来年度の入部希望者も40人以上から3人に激減したことが19日、分かった。

学校側は昨年10月下旬、迫田監督が今年3月末で退任し、OBの樋口コーチが監督に就くことを決定。しかし、保護者らによれば、続投意思があった迫田監督や選手らに対して事前に詳細な説明がなく、昨年11月の臨時保護者総会でも、学校側は「退任の理由は総合的な判断としか言えない」という説明にとどまったという。

退部した2人以外にも、学校や部活動を休む選手が多く、保護者会や選手は同12月から迫田監督の退任撤回を求める署名活動も行った。学校側は「担当者が外出中」と回答し、この日の取材対応はなかった。関係者によれば、後任の樋口コーチは1月下旬から出勤していないという。



下は如水館からドラフト指名された選手です。(大学・社会人経由も含む)

選手名指名年度とプロ入り後の成績
柳瀬 明宏2005(大・社)ソフトバンク6巡目
田中 大輔2006(大・社)中日希望枠
坂本 光士郎2018ヤクルト5位


draftkaigi at 10:29│ │高校 
ドラフトニュース検索