ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

オリックス2位・頓宮裕真、1号弾に監督も高評価

2019年02月21日

2/21、サンケイスポーツ4面より

2018オリックスドラフト2位 頓宮裕真
亜細亜大・捕手兼一塁手・動画

オリックスのドラフト2位・頓宮裕真内野手(動画)が20日、紅白戦に紅組の「7番・三塁」で出場。1軍キャンプ昇格後、初の実戦でプロ初本塁打を放った。右の大砲候補が描いた待望のアーチ。西村徳文監督も「評価通りのものを見せてくれた」と手放しで喜んだ。

快音とともに、白球が高く舞い上がった。豪快なアーチ。打球が左翼の芝生の上で弾むと、スタンドが沸いた。パンチパーマがトレードマークの頓宮が、プロ初本塁打で持ち味のパンチ力を発揮した。

「手応えは、打った瞬間、いったと思いました。追い込まれていたので、真っすぐはカットすると考えて、いろいろ試してやっていたので、よかったです」。試合後は白い歯を見せた。

1-0の二回だ。無死一、二塁で1軍昇格後初打席が回ってきた。「ゲッツーだけは避けて、最低でもライトに打とうと思って」とチーム打撃を頭に入れつつ、カウント2-2からの6球目をフルスイング。132キロのフォークを泳ぎながらもとらえ、左翼へ3ランだ。

キャンプは2軍スタートも、実戦で12打数4安打と結果を出し、前日19日に1軍合流。「追い込まれてからの打撃」を1つの課題とし、吉田正ら主力級打者に打撃技術を質問した。吉田正からは「追い込まれてからはポイントを近くして」と助言を得て、実践。「打撃のことで先輩方にいろいろ聞いて試して結果も出ているので、続けていきたい」と手応えを口にした。

西村監督も「評価通りのものを見せてくれた」と納得の表情。ルーキーがここまま実力を発揮できれば、三塁手争いはさらに激化する。指揮官の狙い通りだ。頓宮も目指すは「開幕1軍で試合に出ること」とキッパリ。まだまだレベルアップを図っていく。



下は2018ドラフトでオリックスが指名した選手です。2位指名・頓宮君のスカウト評はこちら

オリックスの2018ドラフト指名選手
× 小園 海斗    
1位 太田 椋 天理高 内野手
2位 頓宮 裕真 亜細亜大 捕手
3位 荒西 祐大 ホンダ熊本 投手
4位 富山 凌雅 トヨタ自動車 投手
5位 宜保 翔 未来沖縄高 内野手
6位 左沢 優 JX-ENEOS 投手
7位 中川 圭太 東洋大 内野手
育1 漆原 大晟 新潟医療福祉大 投手


draftkaigi at 08:17│ │オリックス 
ドラフトニュース検索