ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

オリックス西村監督が「痛い」と洩らすチーム事情

2019年02月24日

2/24、日刊ゲンダイ39面より
先発ローテーションから西勇輝と金子弌大が抜けた。西は昨年10勝、金子は4勝だったが、通算勝利は2人合わせて計194勝。移籍でその2本柱を一気に失ったことを聞くと、西村徳文新監督の第一声は「痛い。(2人の穴は)埋めようがないですよ」だった。

「若い選手を我慢して使って、成長してくれればと思っています。それを楽しみにやりますよ」。そう続けた西村監督は「先発の候補はいるんです」と山岡、松葉、竹安、東明、K―鈴木、小林、山本ら若手の名前を列挙した。過去の実績を考えれば、いずれも期待はできても計算はできない。

OBの山田久志臨時コーチも「1年や2年ですぐにとはいかない。育てないといけません」と西と金子が抜けた投手陣の整備には時間が必要だという認識だった。

野手もそれは同じだろう。練習では、二軍監督から配置転換となった田口壮野手総合兼打撃コーチが、右翼のポジションに外野手を集めて、ビデオを撮りながら送球練習の指導をしていた。ビデオカメラは捕手の後方と二塁ベース横の2カ所。

意図を聞くと「ゴロを捕球してから送球までの足の運びやタイミングなどにズレがないか、基本的な動きを映像に収めて確認しようと。より分かりやすいようにですね」との答えだった。野手も地道に若手を育てていくしかない、ということだろう。首脳陣一丸となっての取り組みが花を開くのは2年後か3年後か。今季は我慢のシーズンになりそうだ。



下は2018ドラフトでオリックスが指名した選手です。

オリックスの2018ドラフト指名選手
× 小園 海斗    
1位 太田 椋 天理高 内野手
2位 頓宮 裕真 亜細亜大 捕手
3位 荒西 祐大 ホンダ熊本 投手
4位 富山 凌雅 トヨタ自動車 投手
5位 宜保 翔 未来沖縄高 内野手
6位 左沢 優 JX-ENEOS 投手
7位 中川 圭太 東洋大 内野手
育1 漆原 大晟 新潟医療福祉大 投手


draftkaigi at 07:40│ │オリックス 
ドラフトニュース検索