ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

広島1位・小園海斗、大谷以来6年ぶりの高卒新人弾

2019年03月04日

3/4、サンケイスポーツ5面より

2018広島ドラフト1位 小園海斗
報徳学園高・遊撃手・動画

雨を切り裂いて、文句なしの打球がスタンドに突き刺さった。四回から遊撃の守備に就いた広島ドラフト1位・小園(動画)が、9-3の八回先頭でカウント0-2と追い込まれたあと、左腕・武隈の直球を振り抜き、ポールまで99.1メートルの長崎県営球場右翼席へ運んだ。

「打った瞬間はわからなかったですが、入ったので良かったです。前の打席(六回)で三振をしていたので、絶対に三振をしないようにと。振り抜けて良かったです」。

笑顔でダイヤモンドを一周し、ベンチでハイタッチを交わすと、先輩に促されて天に指を指すパフォーマンスを披露した。「メヒアのまねです。(ホームランを打つと)みんなやっているのでやっておきました」

小園がこのパフォーマンスをするのは、もちろんこれが初めて。高卒新人のオープン戦本塁打は、中日のドラフト1位・根尾昂内野手、ロッテ同1位・藤原恭大外野手らミレニアム世代で一番乗り。2013年の日本ハム・大谷(現エンゼルス)以来6年ぶりの快挙だ。

1打席目の五回先頭では足で魅せた。左腕・佐野の直球に差し込まれて一塁線へのボテボテの当たりだったが、50メートル5秒8の俊足を飛ばして内野安打にし、オープン戦3試合連続安打とした。

これでオープン戦の打率は・571。走塁と守備に加えて、バットでもポテンシャルの高さをみせる小園を、高ヘッドコーチは「いいアピールをしてくれている」と絶賛。1軍帯同は当初、ウエスタン・リーグ開幕の15日までの予定だったが「上でやれる力を持っている。高いレベルでやった方がいいね」と“延長”を示唆した。

「もちろん、開幕1軍の気持ちは強い。しっかりアピールできるように頑張ります」。遊撃には田中広、二塁にも菊池涼という球界を代表する大きな壁がそびえているが、小園がその中に開幕から飛び込んでいく可能性も出てきた。

(3月3日 オープン戦 広島 10-4 西武)



下は2018ドラフトで広島が指名した選手です。1位指名・小園君のスカウト評はこちら

広島の2018ドラフト指名選手
1位 小園 海斗 報徳学園高 内野手
2位島内 颯太郎 九州共立大 投手
3位林 晃汰 智弁和歌山高 内野手
4位中神 拓都 市岐阜商高 内野手
5位田中 法彦 菰野高 投手
6位正随 優弥 亜細亜大 外野手
7位羽月 隆太郎 神村学園高 内野手
育1大盛 穂 静岡産大 外野手


draftkaigi at 07:03│ │広島 
ドラフトニュース検索