ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

巨人5位・松井義弥、高卒新人2軍で奮闘中

2019年03月05日

3/5、スポーツ報知17面より

2018巨人ドラフト5位 松井義弥
折尾愛真高・三塁手・動画

ドラフト5位・松井(動画)「練習は苦しくてしんどかった。でも1日ずっと野球をやれるのは楽しかったです」と笑みを浮かべた。キャンプでは自分の力がまだまだだと感じたようで「バッティングは疲れがたまってきた後半に軸がしっかり作れなくなってしまった。守備はずっと課題なので、これからも練習していかないといけないです」と振り返った。

2月16日の2軍対3軍の紅白戦では初打席でアダメスから初安打を放ち、鮮烈なデビューを飾った。しかし、課題の守備では3失策。「足りないところがたくさん明確になったキャンプでした。まだ成長したという実感はないです」と一層、気を引き締める。

それでも収穫はあった。「プロの球をこの時期に経験できたっていうのは大きいと思います。プロの先輩からヒットを打てて良かったです」。自分のスイングでタイミングが取れるようになったことに、少し自信を持てた。

昨年の冬、折尾愛真高では3月に行われる実戦に向け、チーム内の連係を主に行っていた。だが、その中でも「一番しんどかった」と話すのが食トレだ。「バッティングがいい選手が多かったので、監督たちが超重量打線にしようと。1時間に1回タッパーを持って、ご飯を食べるようになったんです」

容器の大きさ、ご飯の量は各自異なるが「自分は大きめのものを持って行ってました。体重はあまり変わらなかったですけど、スイングの力強さは上がったと思います」と入団後も、その効果を実感している。

平日の練習は午後5時半から10時。その間4回、休日になると昼食とは別にそれ以上のご飯を食べ続けた。「サバの缶詰とか、おかずがあるときもあるんですけど、ほとんどふりかけだったのがきつかったですね」と笑顔で当時を振り返る。

今後は技術的なことはもちろん、メンタル面の強化にも努めていく。「ミスしたあと声が出なくなったり、心の弱さが出ることが多かった。心・技・体全てのレベルアップが必要です」と謙虚に話す松井。「まずは目の前のことをしっかりとこなして、1年目にホームランが打てればいいです」と青写真を描いた。



下は2018ドラフトで巨人が指名した選手です。5位指名・松井君のスカウト評はこちら

巨人の2018ドラフト指名選手
× 根尾 昂    
×辰己 涼介    
1位高橋 優貴八戸学院大 投手
2位増田 陸 明秀日立高 内野手
3位直江 大輔松商学園高 投手
4位横川 凱大阪桐蔭高 投手
5位松井 義弥折尾愛真高 内野手
6位戸郷 翔征聖心ウルスラ高 投手
育1山下 航汰健大高崎高 外野手
育2平井 快青 岐阜第一高 投手
育3沼田 翔平 旭川大高 投手
育4黒田 響生 敦賀気比高 内野手


draftkaigi at 07:03│ │巨人 
ドラフトニュース検索