ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

DeNA1位・上茶谷大河がまた好投、中日に完全投球

2019年03月08日

3/8、サンケイスポーツ1面より

2018DeNAドラフト1位 上茶谷大河
東洋大・投手・動画

今年もDeNAのドライチ投手は当たりだ。即戦力として期待される最速152キロ右腕、ドラフト1位・上茶谷(動画)が4回完全の圧巻投球を披露した。「結果だけをみればいいけど、直球の調子がよくなくて変化球に頼った投球になってしまいました。すごい球場ですが、自分の投球をして勝利に貢献することを意識しました」

巨人・長嶋監督が大逆転で優勝を決めた1996年10月6日の「メークドラマ」以来、23年ぶりにナゴヤ球場で実現した1軍戦だった。巨人と中日が最終戦で対決した94年の「10・8決戦」など、数々の伝説が誕生した球場で、96年生まれの22歳が竜党を沈黙させた。

一回に、自身と同じ東都大学リーグで活躍し「屈指の打者で対戦できたら楽しみ」と話していた日大出身の京田を一ゴロに仕留め、勢いに乗った。二回は外角低めのスライダーでビシエドを二飛。日本通算66本塁打の大砲も「難しい球に手を出した。いい投手だ」と舌を巻いた。

この日は最速145キロどまりだったが、スライダー、カットボール、チェンジアップ、カーブ、ツーシーム、スプリットと豊富な球種で、ほぼベストメンバーの中日打線から凡打の山を築いた。

2月のキャンプ中から実戦3試合で計8回1安打無失点。しかも無四球という安定感を示している。これまで巨人・樽見スコアラーが「欠点が見当たらない」と評するなど、他球団が恐れていた右腕が能力の高さをみせつけた。

東洋大の好投手で「三羽がらす」と注目された甲斐野(ソフトバンクD1位)、梅津(中日D2位)とは無料通信アプリのLINEでグループを作り、近況報告などをしている。5日は梅津と名古屋市内の焼き肉店で食事。気心しれた仲間との会話でリフレッシュし、英気を養った。

DeNAの先発陣は開幕投手候補の今永、石田、浜口に井納、飯塚、京山、上茶谷らで開幕ローテーションを争っている。ラミレス監督は22歳の好投を「開幕ローテーションに近づいたのは間違いない。けがなくいけば、入る可能性はかなりあります」と高評価。

開幕カードで対戦する中日を完璧に抑え、本拠地・横浜スタジアムでの開幕3連戦中にデビューする可能性は高くなった。「オープン戦の結果とリーグ戦は違う。(3試合で無失点は)特に意識していないです」。2015年の山崎から今永、浜口、東とドライチ投手が活躍するDeNA。上茶谷も同じ“レール”に乗っている。

(3月7日 オープン戦 DeNA 5-0 中日)



下は2018ドラフトでDeNAが指名した選手です。1位・上茶谷君のスカウト評はこちら

DeNAの2018ドラフト指名選手
× 小園 海斗    
1位上茶谷 大河東洋大 投手
2位伊藤 裕季也 立正大 内野手
3位大貫 晋一新日鉄住金鹿島 投手
4位勝又 温史日大鶴ヶ丘高 投手
5位益子 京右 青藍泰斗高 捕手
6位知野 直人 BC新潟 内野手
育1宮城 滝太 滋賀学園高 投手


draftkaigi at 07:03│ │横浜DeNA 
ドラフトニュース検索