ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019選抜、プロ注目の及川雅貴(横浜)

2019年03月08日

3/8、西日本スポーツ6面より

及川 雅貴 (横浜高・投手)
182cm・左投左打・動画

平成最後の甲子園大会まで、あと2週間。開幕を待ちわびる注目の5選手を“ラストサムライ”としてピックアップする。今秋ドラフトの目玉候補に挙げられている153キロ左腕の横浜・及川雅貴投手(動画)は新しい変化球をマスターし、自身3度目となる甲子園に帰ってくる。

最速153キロの直球とスライダーだけで勝負してきた横浜の及川が、新しい武器を手に入れた。「2球種でも完璧なら打たれるという思いはなかったが、いつも完璧に操れるわけではない。もう1球あった方がいいかな、と思った」

昨秋の関東大会準々決勝の春日部共栄(埼玉)戦。勝てばセンバツ当確の4強入りがかかった一戦は2-9で7回コールド負け。先発した及川は立ち上がりからスライダーの制球に苦しみ、直球を狙われて3回途中までに5点を失った。

この試合を契機に、投手指導を担当する金子雅部長と新球の習得に取り組み始めた。目指したのは、特に右打者への投球の幅が広がるチェンジアップ。9日からの沖縄遠征でベールを脱ぐ。

このオフは安定感も追求した。今回のセンバツに出場する星稜の奥川のほか、大船渡の佐々木、創志学園の西とともに高校生ビッグ4と注目されるが「ほかの3人には、ほど遠いと思っています」と言い切る。

その理由を「今までの自分を振り返ると、制球が乱れるなど安定感がない。3人は安定して力を出せている印象がある」と説明。ブルペン投球の最中も、調子の悪さを自分で修正できるように練習を積んだ。

関東・東京の6枠目を東京大会準優勝の東海大菅生と争い、前評判を覆した。決め手になったのは剛腕エースの存在。選考委員会は「及川君というしっかりしたエースがいる」と明かした。

「ほぼないと思っていたので、夏の4年連続甲子園出場に向けて頑張っていこうと切り替えたが、自分の中ではあきらめきれなかった。もしも出場したときに準備不足は嫌だった」という執念が実った。

初戦敗退だった秀岳館戦に救援登板した1年夏、花咲徳栄戦に7回途中4失点で勝ち投手になった2年夏に続く3度目の甲子園。松坂(中日)や涌井(ロッテ)ら歴代のエースがつけた背番号1を背負う。金子部長は「グラウンドでの移動もダッシュで先頭に立つようになった」と精神的成長を口にする。

技術面、精神面ともに生まれ変わった左腕が、平成最後の伝説をつくる。



及川君のスカウト評はこちら

及川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 10:02│ │高校 
ドラフトニュース検索