ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019ドラフト、担当記者の気になる選手(計7人)

2019年03月09日

3/8、日刊スポーツ1面より

トヨタ自動車・嘉陽宗一郎(動画)
最速147キロ本格派右腕。一昨年はドラフト候補と注目されるも指名漏れ。阪神2位指名の親友・高橋遥人(亜大)を目前に「自分は2年後」と気丈に振る舞う姿が印象的だった。社会人で力をつけ、今年は上位指名で喜ぶ笑顔が見たい。

慶大・柳町達(動画)
1年春の開幕戦からリーグ戦全試合に出場する左打ちの好打者。3年時で通算85安打とし、今春の100安打到達が期待される。大先輩高橋由伸(前巨人監督)の通算119安打を超えるか。ミート力にプラス、5本塁打のパンチ力も併せ持っている。

明大・森下暢仁(動画)
最速153キロ右腕。豊富な回転量により、打者の手元で力強いのが森下ならではの真っすぐ。きれいな軌道を描くため、打者からすれば思わず手が出るが、捉えられそうで芯を外してしまうキレが魅力。日本球界でもめったにお目にかかれない球筋。

東大・辻居新平(動画)
3拍子そろう主将で最下位脱出のキーマン。昨秋はリーグ11位の打率3割8厘。6盗塁はトップタイで肩も強い。プロ志望は明言していないが、今春次第でドラフト候補に浮上し得る。東大7人目のプロ、野手では初の指名選手なるか、注目だ。

興南・宮城大弥(動画)
九州NO・1左腕。1年夏に甲子園デビューを果たした逸材。昨秋の九州大会で最速145キロをマーク。速球を武器にした奪三振ショーが魅力で、どんな場面でも冷静さを失わず、ピンチを切り抜ける強心臓もある。センバツを逃し、夏にかける。

履正社・井上広大(動画)
関西の誇る大砲は、巨体が示すパワーだけでなく、変化球を拾ったり逆方向に放り込む技術がある本物の長距離砲。昨年苦しめられた右膝痛が完治し、センバツで大爆発も。大学・社会人ではパナソニックの大砲、片山勢三内野手が成長中。

横浜・及川雅貴(動画)
最速153キロの直球に、130キロ超の高速スライダー。一方に絞らないと攻略至難な高校NO・1左腕で「スライダーは捨てる」「低めは捨てる」「見逃し三振はOK」と割り切って攻める対戦校も多い。包囲網をどう打ち破っていくか注目だ。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら


draftkaigi at 08:01│ │ドラフト展望 
ドラフトニュース検索