ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

プロ注目の大谷拓海はセガサミーへ、野手一本で勝負

2019年03月11日

スポニチwebsiteより (source)

大谷 拓海 (中央学院高・投手兼外野手)
180cm・右投右打・動画

社会人野球開幕戦の「第74回JABA東京スポニチ大会」が、11日に始まる。新人選手にとってはデビューの舞台。高卒では昨年春夏甲子園出場の中央学院(千葉)で「二刀流」で名をはせた大谷拓海外野手(動画)セガサミーに加入した。

脱・二刀流。大谷は心境の変化を口にした。「高校では投球が駄目でも打撃で取り返す考えでやれたが、社会人ではできない。悪くても考え込まず割り切ってやりたい」

中央学院ではエースで4番。17年の明治神宮大会では逆方向の左翼席上段へ本塁打し、名字が同じエンゼルス・大谷ばりの「二刀流」として注目を集めた。3年夏の直前に頭蓋骨骨折の重傷を負ったが春夏連続で甲子園出場。

「夏に結果が出ればプロ志望届を出そうと思っていた」というが、ケガもあり「しっかり力をつけて長く野球をしたい」と考えて社会人入りを選んだ。

甲子園を経験し「全国には切れがあり、速い投手がいっぱい。通用しないと思った。野手の方が人より打球を飛ばせる自信があった」野手一本で挑戦すると決めた。プロからも野手として評価する声も多かった天性の打撃センス。初芝清監督(元ロッテ)は「ロングを打てる打者になってほしい」と期待を寄せる。

昨夏都市対抗で創部初の4強に進出した強豪とあって、試合出場への壁は高いが「出られたら全力で頑張りたい」と闘志。一本の刀で、大打者の道を歩きだす。



大谷君のスカウト評はこちら

大谷君のバッティング&ピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:02│ │社会人 
ドラフトニュース検索