ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

中日1位・根尾昂、2軍戦でプロ初安打マーク

2019年03月13日

3/13、サンケイスポーツ4面より

2018中日ドラフト1位 根尾昂
大阪桐蔭高・遊撃手兼投手・動画

中日のドラフト1位・根尾昂内野手(動画)が12日の教育リーグ・ソフトバンク戦に「6番・遊撃」で先発出場し、プロ7打席目で初安打を放った。地元名古屋でのデビュー戦に平日の2軍戦としては異例の観衆1383人。右ふくらはぎも完治し、開幕1軍の可能性が出てきた。

実戦3戦目、7打席目にして、根尾が初めて「H」ランプを灯した。「(相手の中田さんは)まだオープン戦の段階なので本調子でこられているとはかぎらないので。でも、いい打球を打てたと思いました」

六回1死走者なし。カウント1-2から、143キロの内角直球にバットを反応させた。打球はマウンドの縁に当たり、二塁手が捕球。一塁に走りながら「セーフになれという気持ちで(一塁に)走っていました」と、初安打を足でもぎとった。

9日の阪神戦で実戦デビューするも洗礼を味わっていた。通算2試合で3打数無安打、1四球。相手はメッセンジャー、ガルシア、ドリスという1軍バリバリの投手ばかり。この日の先発も開幕ローテーション候補のスアレスで、一回2死満塁の好機では150キロ速球をフルスイングして空振り三振。四回は遊飛に終わっていた。

「上(1軍)のレベルで活躍されている方の雰囲気を感じられたのは、いい経験になった思う」。小笠原2軍監督は「上(1軍)にも報告するよ。もう(右ふくらはぎ痛が完治し)制限もなくなったし、これからは盗塁などもいかせる」と、1軍入りを想定した起用をすることを示唆した。

現在、遊撃は京田がいるが、高橋が三塁にコンバートされて二塁は堂上、亀沢ら本命が不在。根尾はキャンプ中、二塁の守備練習でも軽快な動きを披露していており、開幕29日のDeNA戦の1軍ベンチ入りも現実味を帯びてきた。

「もっとアジャストしていかないといけない。これからだと思う」。決して、脇を緩めることはない。頭脳派の根尾らしく、逆算していく。

(3月12日 ウエスタン教育リーグ ソフトバンク 3-0 中日)



下は2018ドラフトで中日が指名した選手です。1位・根尾君のスカウト評はこちら

中日の2018ドラフト指名選手
1位 根尾 昂 大阪桐蔭高 内野手
2位梅津 晃大東洋大 投手
3位勝野 昌慶 三菱重工名古屋 投手
4位石橋 康太 関東第一高 捕手
5位垣越 建伸 山梨学院高 投手
6位滝野 要 大阪商大 外野手


draftkaigi at 07:02│ │中日 
ドラフトニュース検索